靴と小物とテーブルと… 

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある靴と小物と教室の革工房

アトリエわっか

 

外観は何やら物置小屋?のような

アトリエでは、手づくりにこだわって

革を扱ったアイテムを制作しています

 

そして、この数週間はイベントに向けて準備中です

 

今週末の4月20日から始まる「ロハスフェスタ万博

2週に渡って7日間開催される規模も大きく期間もながーいイベントです

 

なにやらブースも広いので

新しく什器を追加しようと…買うか作るか少し迷っていましたが

 

結局自分で大きめのテーブルを作りました

 

ホームセンターで木材を買ってきては

切って・ヤスリをかけて・色を塗って

そして少し組み立てる…

 

文字に書き出すと「作った」と言うほど

手間がかかってないような感じですが

日曜大工並みにがんばってつくりました…

 

とくにヤスリがけ…

切るだけでもいいのかもしれないですが

どうしても角は丸くしたくなって…

 

アトリエの内装の時もそうでしたが

変なところにこだわって時間をかけて作りました

 

そして、サンプルとして

新しく2足制作しました

 

ブログでもインスタでもまだ完成はアップしていなかったですが

 

あかい靴 と あおい靴

 

初公開です

 

両方とも今までなかったサイズの22.0㎝で作りました

アッパーからソールまで

赤で統一した「stomp」

 

そして、

あいまいなアオイ色味の「rogue」

 

ともにシンデレラサイズの22.0㎝

小さめの革靴をお探しの方…

 

どうぞ試しにいらしてください

 

ふさふさのレザーポーチや

木と革と真鍮のキーホルダーも

新しい色味で追加しました

 

イロイロと作りましたが

まだ準備も途中…

 

今日もせっせと働きます

 

今週末は予報では天気も良さそうなので

とてもウキウキしています

どうぞご予定合いましたら春のおでかけに

万博公園まで遊びにいらしてください

お待ちしております

ハタハタとパタパタと… いろいろ作っています

明石の片隅にある靴と小物と教室の革工房

アトリエわっか

 

手づくりにこだわって作っている

革靴や革小物…

 

そして、イベントなどで使っている什器

 

ここ最近は今週末からはじまるイベント

ロハスフェスタ万博に向けて

せっせと準備中です

 

新しい什器用のテーブルの制作に

革ではなく木の粉にまみれつつ…

 

新しい革小物も制作しました

 

 

グルグルグルと巻いて開け閉めする

革紐での開閉のレザーケース

 

バネホックのボタン仕様にしても良かったんですが

きっと人それぞれ

入れるモノによって厚みが変わってきます

 

薄いものでも、分厚いものでも

 

使う方によってしっかりと開け閉めを調節できるように…と思い

グルグルグルと巻く仕様にしました

 

カパっ 開けるとポケットは3つ

 

色んな用途で使って頂けるマルチなケースになっています

 

通帳やパスポートを入れても◎

ポーチとして身の回りの小物入れとしても◎

 

 

イロイロと使っていただけますが

最初にイメージして作った用途は

「巻きたばこケース」です

 

マ キ タ バ コ ?

 

って感じかもしれませんが

愛煙家の方は意外といているようで

元々はお客様とのお話の中から作ることにしました

 

でも作っていると

いろんなシーンで使えそうなカタチに落ち着いたので

マルチなケースに落ち着きました

 

写真もあまり撮影できてなくて

イメージが付きにくいかと思いますが…

 

一足お先のご紹介でした

 

「巻きたばこケースというマルチなケース(仮)」     ¥6500 –

 

こちらの革小物もロハスフェスタ万博で販売を開始いたします

 

どうぞご予定合いましたら遊びにいらしてください

お待ちしております

 

 

ファーストベースみたいなコインケースできました

兵庫県は明石の片隅にある

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

 

いよいよ来週末から始まるイベント

ロハスフェスタ万博を前に

アトリエではせっせと準備を進めています

 

什器も少し作り足そう…

と おもいつつも、

 

まず先に、頭の中にはあったけど作れていなかった

靴や小物の制作を… と思い

 

新しい革小物を作りました

 

名前はまだありませんが

四角いカタチの

シンプルなコインケース

 

イベントなどでお客さまとお話する中で

ポケットに入れやすいコンパクトなものを

探している方が多かったので

今まで作っていたコインケースよりも

小さくてシンプルなデザインにしました

 

 

 

一枚革を折りたたむようにして

カタチを作っており

 

見た目はアトリエわっかのカードケースを

正方形にしたような雰囲気にまとめました

 

裏にすると…

 

四角で少し立体感もあって…

野球のファーストベースみたいな雰囲気に見えます

 

ぼくだけかもしれませんが…。

 

手に持って開けるとこんな感じです

 

コンパクトな大きさのわりに

容量も比較的あって、出し入れもしやすくなっています

 

 

只今、色んな革を使って制作中…

 

何色できるかわかりませんが

来週末、4月20日から始まるロハスフェスタ万博より販売開始します

各色 ¥2000 –

 

1つひとつ違う仕様で作っていますので

お気に入りを見つけていただけると嬉しいです

 

どうぞよろしくお願いします

 

 

手づくり靴の教室… まもなく完成?!仕上げの工程

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある小さな革工房

 

「アトリエわっか」

 

手づくりにこだわった

革靴と革小物の制作と靴教室をおこなっている

小さなちいさな革工房です

 

本日は靴教室のお話を…

 

型紙から作り始めていた

生徒さんの手づくり靴も

そろそろ終盤戦…

 

 

すでに靴のカタチはできあがっているところから

ソールに滑り止めのゴムを貼り合わせて

そして、切り整えます

 

この工程はレザーソールのまま履くのであれば

別にとばしてもいい工程ですが

履き始める前に貼っておくと靴を傷めにくいし

なにより滑ってこけにくいので貼っておくのをオススメしています

 

そして…

ヒールからつま先にかけてヤスリがけ

ゴシゴシゴシゴシ磨いていきます

 

根気がいる工程ですが

ソール部分のレザーをギュっと引き締めるように

磨いていくと…

切りっぱなしだったソールの部分が

ツルツルになりました

 

行数でいうと数行ですが…

ここまで削るのはなかなか大変で、

普段あまり使うことのない親指が痛くなります…

 

例えるなら…

子供のころにしていたファミコンの連射のし過ぎたとき

のような感じです

 

親指が痛くなりつつも

まだ工程は続きます

製靴専用の道具のひとつ

「コテ」を熱して…

 

あらかじめ付けておいたロウを

ソールに染み込ませていきます

 

すると…

ナチュラルだったソールとヒールも

黒く染まり、更にツヤ感も出て…

 

引き締まった印象になりました

 

完成まではもう目の前…

 

気を抜かずにもう少し

頑張って作っていきましょう!

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

真っ赤なレザーの赤い革靴 koalaという名前の革靴 ③ …できあがりました

明石の片隅にある小さな革工房

「アトリエわっか」

 

靴と小物と教室の小さなちいさなアトリエで作っていたのは…

 

赤い革靴です

 

koalaという名前の革靴…

 

これに赤いレザーを使用して作っていた

1足のオーダー靴

赤いアッパーに

黒いレザーソール

 

赤と黒  バイカラーの革靴ができあがりました

 

そして、アトリエにてお渡しです…

 

スポッと脱ぎ履きができる仕様の

スリッポンタイプのこのkoalaという革靴

 

靴下やタイツなどと合わせてもきっと可愛いですが

素足やローカットの靴下でくるぶしを見せるように合わせると

 

より可愛い…

 

と思って作ったこの革靴

 

この日も素足で合わせていただきました

 

フィット感がよりよくなるように

中敷にてサイズの微調整もおこなって…

 

 

良い雰囲気に仕上がりました

 

ちょうど今から暖かくなるシーズンに

特にたくさん履いてもらいたい革靴の「koala」

 

そして気軽にも履いてもらいたい革靴です

 

アトリエわっかの karoo 同様に

ちょっとのお出かけにも使ってもらいたい革靴

 

生活に寄り添った使い方をしてもらえれば

とても嬉しいです

 

きちっと履く革靴もステキですが

気軽に普段履きに使える革靴…

 

そういう風に生活の一部にある革靴が

アトリエわっかの靴になれれば幸いです

 

真っ赤な革を使用したkoalaという名前の革靴

 

これからのおでかけに…

長くながく

赤い革が茶色になるまで…

 

たくさん履いておでかけを楽しんでもらえれば嬉しいです

 

また経過を見せにでも

どうぞふらっと遊びにいらしてください

 

ありがとうございました

 

 

真っ赤なレザーの赤い革靴 koalaという名前の革靴 ②

 

明石の片隅にある 小さなアトリエ

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

 

手づくりにこだわって

小さなちいさなアトリエで作る

革靴や革小物たち…

 

本日は前回の続き

 

赤い革を使った「koala」という名前の革靴

制作風景の後半戦です

 

革底の裏にペロっとめくった溝には

チクチクチクと

革底が剥がれないように底縫い(マッケイ)をかけてから

 

踵にヒールを積み上げていきます…

 

少し大きめに貼り合わせた革のヒール

これをこれまた整えます

もちろん「手」で切り整えます

 

革… そして、

トップリフトには硬化ゴム

 

まるで地層のように

重ねていっては整えると…

 

 

ヒールが積み上がりました

これで完成…

 

ではなくソールは黒ロウで仕上げていきます

 

赤いアッパーに

黒のライニング

そしてソールは黒

 

赤×黒の組み合わせ

ぼくの世代のイメージでいうと

ブルズカラー

なんだかカッコイイ印象が子供の頃からある

赤と黒の2色使いの靴

 

細かい部分をさらに整えてから

ナチュラルカラーだったトコロに

黒いロウを染み込ませていくと…

 

 

「ギュっ」と締まった雰囲気に仕上がりました

一枚革のシンプルなスリッポンタイプの革靴

赤い革を使った koala…

 

後は中敷きをいれて出来上がりです

 

次回完成…

そしてお渡しです

 

つづく

 

真っ赤なレザーの赤い革靴 koalaという名前の革靴 ①

兵庫県は明石市にある「靴屋さん」

という感じでは全然ありませんが…

 

明石の片隅にひょっこりとある

手づくりの靴と小物と教室の革工房

「アトリエわっか」

 

「手」を使ってつくれる革物を作っているアトリエです

 

シンプルに生活に寄り添って使えるアイテムを…

と思い日々制作している工房では

オーダーを頂いていた赤い靴を作り始めました

 

koala ( コアラ ) という名前のアトリエわっかで作っている革靴

 

アッパーに使用したのは一枚革の 真っ赤なレザー

ライニングには黒のレザー

 

赤と黒のバイカラーのkoalaの制作が始まりました…

 

実はミシンステッチも少しこだわって…

上糸と下糸には 赤 と 黒 レザーと同色になるように施しました

 

内側は履いてしまったら見えない部分ですが

シンプルだけどこだわりを詰め込みながら

 

トコトコ ダダダ…

 

と縫製したアッパーを木型につり込むと…

 

木型にピタっと添わされて

靴の顔が見えてきました

 

一枚革のプレーンな仕様なので

シンプルなフォルムです

 

そして革底を貼りつけると…

また一歩「靴」に近づきます

ここから手包丁で底のカタチを整えます…

 

個人的にも好きな工程のひとつです

自分の手ひとつで切り整える感覚がなんとも言えません…

 

 

これくらいかな?

 

いやもう少しかな?

 

と想いながらも、切り整えたら

溝起こしをして前半の工程が終了です

 

 

切り終わった後の足元には

色んなサイズの革のやま

 

良い雰囲気になりそうです

 

つづく

 

神戸…ハーバーマーケット 無事に終了いたしました

明石の片隅にある靴と小物と教室の革工房

アトリエわっか

 

昨日4月1日の日曜日は神戸へおでかけ…

というか神戸のハーバーランドで開催されている

「ハーバーマーケット」

という手づくり市に出展してきました

 

 

今回で先月に引き続き2度目の出展

 

朝からなんとも人が多い神戸

普段はアトリエにひきこもっている反動もあると思いますが…

人通りの多さに少しびっくりします

 

朝の準備中にも見に来てくださる方も多く

お話しながらボチボチ準備

 

何度かの出展を重ねて分かったことがひとつ

準備に時間がかかりすぎる…

 

ということ。

 

きっと一人で作るディスプレイじゃないんじゃないかなぁ

と自己分析もしつつ…

 

でもこれが最低限のおもてなしのような気がして

もっと頭ひねって工夫しようと考え中…

 

と、すこし話がそれましたが

 

時折強い風は吹くものの

気持ちの良い天気に恵まれた中の出展でした

 

初めましての方やお久しぶりの方にも

たくさんお会いできて

春ならではの ほんわかとした気分で過ごさせて頂いた1日

 

 

あいた時間にはミュージシャンの生演奏に耳を傾けながら…

今回も楽しませていただきました

 

お会いできた皆さま

関係者の皆さま

ありがとうございました!

 

 

次回のイベントの出展は…

4月20日から万博公園で行われる

「ロハスフェスタ」です

 

ひとりで大丈夫かな…?

と 少しドキドキしていますが

あと約2週間 せっせと準備がんばります

 

どうぞご予定合いましたら遊びにいらしてください

革の?木の?真鍮の?小さな小物できました

 

アトリエわっか

 

ひらがなで「わっか」

 

横文字でシュッとした感じは

ちょっと背伸びをした感じがして

 

ひらがなで「わっか」

 

そんな名前の靴と小物と教室の革工房の「アトリエわっか」

 

明石の片隅にある小さなアトリエでは

ちいさな革小物ができました

 

ベースに使っているのは

立体的な四角い「木」

 

これを手で削って丸みを出して

革と真鍮の金具を取り付けて

キーホルダーに仕上げました

 

正面には四角く切った革を釘で留めて

 

上面には革を金具で留めています

 

そして下面には「わっか」の焼き印を…

 

 

じーーっと見てると

 

だんだん顔にも見えてくる

 

小さなキーホルダー

 

木と革と真鍮

 

好きな素材でカタチにした

小さな革?木?の小物

 

 

どれもこれも1点物

 

よーく見ると木目も違えば

表情も少しづつ違います

 

どうぞお気に入りの1つを見つけてください

 

 

今週末に出展するイベント

神戸のハーバーランドで4月1日に行われる

「ハーバーマーケット」でも展示・販売いたします

 

予報ではポカポカ陽気のお出かけ日和…

 

どうぞご予定合いましたら

遊びにいらしてください

 

よろしくお願いします

 

靴の教室… ヒールをいちまいずつ積み上げる

明石の片隅にある靴と小物と教室の革工房

アトリエわっか

 

この小さな工房では商品の制作だけじゃなく

手づくりでいちから作っていく

靴の教室も行っています

 

本日は制作も後半戦まで進んできた教室の様子

生徒さんの1足の靴の紹介です

 

これは靴の裏側…

前回の教室の記事ではこの靴底にチクチクチクと見える糸目

この「マッケイ」と呼ばれている底縫いの工程を紹介しました

 

手で縫いをかけた「マッケイ製法」を終えると

次に待っているのはカカトの部分

ヒールを付けていきます

 

 

糊を塗って…

一枚ずつ貼り合わせ

手包丁で切り整える

 

そして、釘を打ちこんでしっかり固定する

 

右足と左足

片足やってはもう片足

順番に順番に

 

1枚づつ積み上げて…

 

トップリフトには天革と呼ばれる

ゴムと革が合体しているものを今回は使用しました

 

ソールやヒールの積み上げで使っている革は

ベンズという、厚みもあり硬さもある丈夫な革です

慣れないと切りにくい革ですが

このトップリフトで使われているゴム…

更に硬いんです

 

消耗品である革靴のヒール

履いていくとどうしても擦り減っていく部分ですが

少しでも長持ちするように硬いゴムが使われています

 

なので切るのも一苦労です

力任せに切るもの1つの手ですが

コツを掴めば…あんまり力を入れなくても切れたりします

 

と言っても、こればっかりはやってみないと分からないかもしれません

 

そして…

切り終わった姿がコチラです…

 

手で整えられたヒール部分

後ろ姿はもう出来上がり?

 

そんな雰囲気もありますが

完成まではあともう少しです

 

ここまでカタチになると

早く履きたい気持ちを抑えつつ…

 

あともう一息

頑張って作っていきましょう

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact