黒い色のヌバックレザーを使った ford (フォード) という名前のアンクルブーツ

 

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

 

アトリエわっか

 

手づくりにこだわって制作している

革靴や革小物

 

そして、手作りの靴教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

 

本日は1足のオーダー靴

ford(フォード)という名前のアンクルブーツのお話を

 

 

春のはじまりのイベントでオーダー頂いていた1足は

 

黒いヌバックのレザーを使用した

アンクルブーツです

 

ヌバックという細かな起毛加工をされている革なので

黒い革の中でもマットな雰囲気で

 

個人的にも好きな革の1つです

 

仕様としても

全体的にブラックのワントーン

 

アッパーはヌバック、

ソールや靴紐も黒で統一したオーダーでした

 

 

前から見ると

ポコっとしたつま先に

 

後ろ姿は

ポコっと少し大きめのヒールが特徴的な

 

手づくりの1足です

 

バタバタと制作を進めていたせいか

あまり途中経過の写真を撮れていませんでしたが

 

予想通り、良い雰囲気に仕上がりました

 

 

黒1色ですが

少しずつパーツによって

黒のトーンが異なるので

良い具合にまとまりました

 

アンクル丈のブーツ

真夏はもしかしたら暑いかもしれませんが

 

ほぼ全ての材料に「革」を使用しているので

一般的なスニーカーと比べたら蒸れにくかったりもします

 

コーディネート次第で年中楽しんでもらえる1足の革靴

 

長くながく履いてもらえたら嬉しいです

 

 

リペアが必要になりましたら

いつでもご相談いただければ幸いです

 

この度はオーダーいただきまして

本当にありがとうございました

 

またお会いできればうれしいです

ありがとうございました

 

アトリエわっかの靴教室… 1足目と2足目の合間に作る手作りのレザーサンダル

 

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

 

アトリエわっか

 

手づくりにこだわって制作している

革靴や革小物たち…

 

そして、手作りの靴教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

本日は靴教室のおはなしを…

 

 

1足目の革靴作りが終わってから

 

本格的に2足目の靴作りを始めるまでの合間に…

 

夏に備えて作ったレザーサンダル

 

 

木型を使い、靴作りさながら

しっかりと型紙から作ることもできますし

 

木型を使わずに、自分の足型をベースに

自由に、ラフに作ることもできる

 

手づくりのレザーサンダル

 

 

革靴とは似てるようで

少し違う作り方をします

 

ザックリとしたものなら1日で作ることも…

 

もちろん時間をかけて作ることもできます

 

 

簡単とはいえませんが

靴作りを経てからすると

楽にできるかもしれません

 

夏に備えて…

真夏に向けて…

 

自分で作る

レザーサンダル

 

今のところ

サンダルのみの教室は行っておりませんので

 

靴作りの合間にでも

是非チャレンジしてみてください

 

6月のイベント出展は… 名古屋の海の方の大きな会場で…

 

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

 

 アトリエわっか

 

手づくりにこだわって制作している

革靴や革小物たち

 

そして、手作りの靴教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

本日は6月のイベントの告知をさせていただきます

 

 

6月29日30日の2日間

名古屋の海の方に佇む大きな建物…

 

「ポートメッセなごや」にておこなわれる

 

 『クリエーターズマーケット vol.40』

 

に出展いたします

 

開催時間は両日ともに 11:00~18:00

 

約2000組の出展者が出るそうな…

なんとも大規模なイベントです

 

しかも今回で40回目の開催で、20年続くイベントです

 

 

2度目の出展となる今回…

1度は行ったことのあるトコロなので

道には迷わないと思いますが

 

まだまだ2度目…

 

ソワソワ、ドキドキ

 

ザワザワ、ワクワク…

 

大なり小なりどんなイベントの時でも

出展前の準備中の時には

色んな感情が交差します

 

あれもこれも作りたい…

 

色んなバリエーションで…

 

新しいものも…

 

いやいや、色々と違う色味で…

 

などなど

 

でも体はひとつ

機械ように作っているわけじゃないので

作ることのできるキャパにも限度があります

 

それでも心や頭では色々と湧いてきます

 

なんでもかんでも手を動かして作りたいですが

そうもいかないので

 

自分ひとりでできることを

イベントまでに準備していけたらなぁーと思っています

 

 

なにはともあれ

なんだか久しぶりの屋内の会場

天候の心配もあまりしないですむので助かります

 

しかも空調がある…

夏の暑い季節にはなんとも嬉しいです

 

革靴はもちろん、

鞄から小さな革小物までたくさん持っていきますので

 

お越しの際は広ーい会場の中にある

小さな四角いブースですが探してやってください

 

ポートメッセなごや 3号館

ブース番号 E-49

 

でお待ちしております

 

よろしくお願いいたします

 

靴の教室… はじめてつくる手作りの革靴は、 何足あっても困らない?! ベーシックなデザインの外羽の短靴 ③(完成編)

 

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

 

アトリエわっか

 

手づくりにこだわって制作している

革靴と革小物…

 

そして、手作りの靴教室を行っている

小さなちいさなアトリエです

 

本日は靴教室のお話

 

少し間があいてしまいましたが

以前の記事の続き

 

1足の手作りの靴の完成編です

 

 

踵にヒールを積み上げて…

それが終わると靴作りも終盤戦

 

仕上げの工程に入ります

 

 「靴」

 

として、履こうと思えばヒールの積み上げが終わったら

見た目の通り履けるものにはなっているんですが

 

ここから教室ではしっかりとヤスリなどの仕上げを施していきます

 

 

手包丁で切っただけではなだらかに出来ていなかった

ヒールやソールのがたつきを整えた後

紙ヤスリで磨いていきます

 

磨き具合はお好みで…

 

あえてザラっと?

 

それともツルツルに?

 

 

 

 

 

こちらの1足はツルツルになるまで

ヤスリをかけての仕上げになりました

 

ヤスリを経て…

 

その次にはゆっくり熱した焼きコテを使って

底回りにロウを染み込ませていきます

 

 

そして、最後に

 

好きな文字の刻印を打ち込んで…

 

 

中敷を敷いて

 

靴紐を締めると

 

いよいよ

いよいよ

 

手づくりの革靴の完成です

 

 

本体にはダークブラウンのオイルレザーを使用し

ソールや靴紐もすべてブラウン系でまとめた

ワントーンの外羽の短靴になりました

 

ベーシックなデザインだからこそ

型紙の線の描き方ひとつで

色んな雰囲気にもなる

 

なんとも奥の深いふかい

外羽の靴

 

 

そんなこというと

靴作り自体

奥の深いふかーいものですが

そういうことは一先ずおいといて

 

個人的にも好きな雰囲気の1足ができあがりました

 

隣で出来上がっていく様をずっと見ていただけで

ぼくが作ったわけじゃありませんが…

 

なんとも自慢できる1足です

 

 

すべての工程を「手」を使って作りあげた

手づくりの革靴

 

やっぱり人の手癖というか

その人を表すものになって生まれてくるように思えます

 

この1足も

優しい雰囲気もあり、

でもしっかり芯のある

良い顔の靴になっていました

 

皺1つないここから

履き皺をひとつひとつ増やしながら

長くながく履いてもらえたら嬉しいです

 

完成おめでとうございました!

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact