新しい革小物できました… おはぎ風のコインケース

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある小さな革工房 アトリエわっか

 

この2月は制作やらなんやらとひきこもっては

 

作ったり…

考えたり…

作ったり…

少し出かけてみたり…

 

と、しているうちに2月も20日が過ぎていました

 

そんななか、新しくできた革小物を本日は紹介させていただきます

 

コロンとしたまぁるいシルエットに

チクチクチクとハンドステッチも施して

出来上がったのは

 

「コインケース」

 

ふたを閉めている時の見た目の雰囲気から

「おはぎっぽいなぁ…」

 

と思ったので

「おはぎ風コインケース」という名前になりました

 

なんとも安易な名前の付け方なんですが

いつもこんな感じで名前は付けています

手のひらサイズの適度なサイズ感に

開閉はバネホックを縦と横の2箇所に取り付けています

 

ガバっと全部開けると

口の部分が広くなるように型をとったので

小銭も探しやすく、出し入れもしやすくなっています

ひとつひとつ革を選びながら

色んな革を使ってコツコツコツと作りました

どれもこれも1つずつの1点物になっています

革の種類によって厚みや質感が異なるので

お気に入りのものを見つけてもらえると嬉しいです

 

「おはぎ風コインケース」 ¥2500 –

 

今週末の湊川公園手しごと市にも持っていきますので

ご予定合いましたら

直接見て触って色々と試していただければ幸いです

 

どうぞよろしくお願いします

 

イベント出展のお知らせ

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

 

明石の片隅にある小さなアトリエで

日々コツコツと手づくりで制作しています

 

普段はアトリエにひきこもっていますが…

 

いくつかイベントの出展が決まってきましたので

お知らせしたいと思います

 

近々行われるイベントは2つ決定しています

 

2月24日(土) 湊川公園手しごと市

3月4日(日) ハーバーマーケット

 

今週末と来週末にどちらも神戸市内で行われるイベントです

 

湊川公園手しごと市は基本的に毎月第四土曜日に開催されていて

次回で3度目の出展になります

 

寒いのは個人的には苦手ですが…

寒い季節とわかっていてもなんだか出展したくなるイベントです

 

想像よりも広い公園に

太陽と芝生…

心地いい生演奏もあったりと とても雰囲気の良い手しごと市です

そして、次週

3月4日には神戸のハーバーランドで行われている手づくり市

ハーバーマーケットに出展します

 

初めての出展なのでどんな雰囲気なのかは

まだわかりませんが、なんともワクワクしています…

そして、もうひとつ出展が決まりました

 

万博公園で行われる ロハスフェスタ

 

12月には蚤の市でお世話になった万博公園でしたが

暖かい季節のロハスフェスタの出展が決まりました

4月20~22日、4月27~30日

計7日間の出展になります

 

 

ご予定合いましたらどうぞ遊びにいらしてください

よろしくお願いします

 

シンプルなデザインの koala(コアラ) という名前の革靴 ( 完成編 )

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある 靴と小物と教室の革工房

アトリエわっか

 

手づくりで制作している革靴や革小物たちの

制作風景などを紹介しているこのBlogですが

 

本日は前回の続きのお話です

 

koala ( コアラ ) という名前の革靴の制作も

終盤戦…

 

革底を付けた後

底を縫っていき(マッケイ)

それからヒールを積み上げていきます

いちまいいちまい重ねていったヒール

 

少しザラつきを残した表面に

ソールと共に黒の染料で色付けをし

さらに加工を施して …

(今回のこのkoalaはマットブラックに仕上げました)

 

深みのあるグレーのオイルレザーをアッパーに使用した

koala の完成です

 

大人っぽい雰囲気に仕上がりました

細身の木型にまぁるいつま先 …

 

いちまい革の履き心地の良いスリッポンタイプのkoalaという革靴

真冬に履くには少し寒いですが

これから春に向けて…

ほぼ素足感覚で合わせてもらいたい1足です

 

ロールアップのパンツスタイルに

女性だったらふわっとしたワンピースに…

などなど

 

くるぶしを見せて

カツカツカツ と

革底の独特な足音を楽しみながら出かけてもらいたい

そんな1足の革靴

たくさん履いてもらえていると嬉しいです

 

シンプルなデザインの革靴

koalaという名前の革靴

 

出来上がりました

 

サンプルには今回紹介したものと同じ仕様のものはありませんが

あえて裏革を見せて作ったバージョンのkoalaのサンプルはあります

気になられたお方はお気軽にお問合せくださいませ

 

近々神戸で行われるイベントにも参加いたします…

2月24日 湊川公園手しごと市

3月4日 ハーバーマーケット

 

ご予定合いましたら直接見て触ってお試しすることもできますので

どうぞ遊びにいらしてください

よろしくお願いします

 

シンプルなデザインの koala(コアラ) という名前の革靴 ①

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

明石の片隅にある小さなアトリエです

 

手づくりで作っている靴や小物…

そして靴の教室など 色々と紹介をしていますが

 

本日はオーダー頂いていた1足の靴の紹介です

 

koala( コアラ ) という名前の革靴

 

アトリエわっかの靴の中で

一番無駄をなくしたデザインの1足です

今回使用した革はグレーのオイルレザー

 

暗すぎず明るすぎないレザーで

どんな服装にも合わせやすい色合いのこのレザー

 

上画像がこの靴のアッパーです

 

いちまい革で取れるよう

贅沢な型の取り方をしているので

繋ぎ目などの足当たりもなく

シンプルなデザインが特徴的な1足です

 

ワニ(ペンチ)と釘抜き、革包丁とポンポン(金槌)といった

数少ない道具を使って

 

ここから木型につり込み、

靴のカタチにアッパーを添わしていきます

 

そして、

つり込みが終わった姿がこちらです

 

まだ釘が刺さったままのこの姿…

 

「つりこみ」をするときは

釘を使って仮止めをしていきます

トントントントン

たくさん打つ釘ですが

すぐに抜いてしまいます…

 

抜く時は少し寂しくもなりますが

抜き忘れないように…

しっかり確認しつつ、

 

そして、そして

革底を付けていきます

革底には底縫いの糸が隠せるように

一皮めくるように加工してから

溝を掘ります…

まぁるいつま先に細身のシルエット

このkoalaという革靴

 

パッと見た感じは出来上がってそうですが

まだ完成までには工程が残っています

 

それでも もう少し もうすこし …

次回完成です

 

つづく

アトリエわっかの革小物 カバンに付けるタイプのキーリング

明石の片隅にある手づくりの革工房

アトリエわっか

 

革靴と革小物を手づくりで制作している小さなアトリエです

 

本日は紹介できていなかった革小物の紹介です

 

画像にあるのは四角い革

 

厚みのある革靴の底に使う革を使用して…

 

四角に切ったものを貼り合わせて更に厚みを持たせたものを

さらに真ん中を四角にくりぬいて

 

革紐をチョろり…

 

そしてこちらは

 

真鍮製のまぁるいリングに

二重リングとナスカンを付けたものに

 

革紐を麻糸でグルグルグルと取り付けて…

 

遠目で見てみると…

 

二つのパーツを革紐で繋げています

 

今回作ったのは

以前から作っていたものとは

少し違うカタチの「キーリング」

 

使い方はというと…

 

四角にくりぬいたところに

真鍮のリングをスルッと通して使います

 

 

画像の様にトートバッグなどのカバンに付けたり

パンツのベルトループに付けたりと

使い方は色々です

 

鞄に ポイっ と入れた鍵を探す手間が省ける

キーリングになりました

 

 

いつも使うカバンが決まっている方や

使う鍵が少ない方には

かなりオススメの一品です

 

鍵を忘れることもなく

鞄をゴソゴソすることなく見つけれるアイテムです

 

色はブラックとベージュの2色…

 

気になられた方は是非お気軽にお問合せくださいませ

 

 

また、イベントの出展も決定いたしました

 

2月24日の土曜日には「湊川公園手しごと市

3月4日の日曜日には神戸のハーバーランドで行われる「ハーバーマーケット

 

アトリエわっかで作っている

靴や小物をすべて持っていきますので

ご予定合いましたら遊びにいらしてください

 

どうぞよろしくお願いします

 

手づくりでつくる革靴の教室… 甲革を木型に添わせていくと…

神戸と姫路の真ん中あたり

明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

靴と小物と教室の手づくりの革工房です

 

少し間があいてしまいましたが…

本日は靴教室のお話です

前回の教室のBlogではアッパーの縫製まで終わっていた

生徒さんの靴の続きです…

 

木型に添わせた中底を切り揃えてから

 

 「つりこみ」

 

と呼ばれている工程が始まります

 

なんとも靴を作っている… と実感できる

靴作りの醍醐味とも言えるこの工程

革を引っぱったり、

釘を打ったりと1つで一石二鳥の使い方ができる

「ワニ」というペンチのような工具を使って

この つり込み という工程は進めていきます

 

釘で革を仮止めしながら…

 

左右に歪んでないかな? とか

しっかり弛みがなく木型に添っているかな? とか

 

気をつけることは言い出したらたくさんある工程ですが

 

トントン

トントン

 

進めていきます

少し休憩も挟みつつ

 

トントン

トントン

 

釘を打ったり 抜いたりと…

 

トントン、トントン

 

コツコツと進めていくと…

 

細身でまぁるい木型にピタっと添わされて…

立体に縫製されていたアッパーが

更に靴のフォルムに変化しました

 

この「つりこみ」が終わると

靴の完成イメージがググっと見えてきます

 

見るにもするにも

変化が楽しい「つりこみ」という工程

 

カタチは見えてもまだまだ靴作りは続きます…

 

まだまだ続く靴作り

楽しみながら作っていきましょう!

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

ホームページ開設から まるいちねん… 長いようでやっぱり早い1年

 

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたりにある

「 アトリエわっか 」 という名前の靴と小物と教室の革工房

 

この「 わっか 」という名前…

 

ライブ会場で見かけるモッシュのように

人と人とが繋がって

まるで 大きな「輪」になっているような

 

少しずつでも地に足をついて

大きくなっていけるアトリエにしたいと思って

この「 わっか 」という名前を付けました

 

まだまだ小さなちいさな革工房ですが

アトリエを作り・構えて、しっかり作り始めてから1年が経ち

 

このホームページを作ってから

まる一年経過しました

 

 

この1年の間に

文才もなく つたない文章の

このBlogも かれこれ150回目です…

 

毎回読んでくださっている方

たまに読んでくださっている方

初めて読んでくださった方にも

感謝の言葉しか浮かんできません

 

 「 ありがとうございます。」

 

はじめは なにもなかった状態から

この1年間で革靴も革小物も作っていき

 

途中からは革のカバンも作りはじめ…

 

少しずつですがアイテムも増えてきました

 

昨年の秋頃からはイベントにも出展をし始めて

今まで知らなかった方々との出会いにも恵まれ

 

 ドドドッ と1年経ったような感覚です

 

 

この小さな工房で

手づくりで作っている靴や小物たち

 

ひとつひとつ違った表情を持つアイテムを

アトリエとして2年目の今年も

少しでも多くの方に気に入って使って頂ければ幸いです

 

どうぞこれからも

つたない文章ですがお付き合いいただければ嬉しいです

よろしくお願いします

 

そろそろ立春… 明るい色味の rogue という革靴… 完成しました

神戸の隣の明石の片隅にある

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

ほぼ、家 プラス 小屋 の見た目の

物置小屋?

のような小屋が「アトリエ」になっています

 

外見と中見のギャップがあるアトリエですが…

手づくりにこだわって

ひとつひとつのアイテムを制作している革工房です

 

そんなこんなで 制作中だった

 rogue( ローグ) という名前の革靴

 

ナチュラルカラーのアッパーにブラウンのソール

春先に…

一年通して…

合わせやすい色味の手づくり靴が完成しました

最終の仕上げに

紐のカラーも本体のレザーに合わせて

薄いキャメルに統一して

 

淡い色味と濃い目のソールでメリハリのある1足に仕上がりました

 

前から…

横から…

そして、後ろから見ても

 

シンプルながら存在感があるシルエットにした

このrogueという革靴

 

ポコっとしたつま先と

片側10個の紐穴が特徴的な1足です

 

ダークトーンの色味も好きだけど

柔らかい淡い色味も …

 

なかなかしっくりきました

 

23.0㎝で作ったこの展示・販売用のサンプル靴

 

シンデレラの方 …

アトリエに …

イベントに …

 

どうぞお気軽に試し履きにいらしてください

 

お待ちしております

 

そろそろ立春… 明るい色味の rogue という革靴 ②

神戸と姫路の真ん中あたり …

明石の片隅にある 靴と小物と教室の革工房

アトリエ わっか

 

作っているすべてのアイテムは

「手」を使って作っています

 

ピシっと全く同じものが並ぶのも良いかもしれないけれど

せっかく自分で作るなら

ひとつひとつ同じデザインでも

それぞれにそれぞれの個性があるものになって欲しいと思って

日々コツコツと手づくりしています

 

と、今日のお話は前回の続き …

「rogue ( ローグ) 」という名前の革靴のご紹介です

縫製されたアッパーを木型に添わせ

底を付け… ヒールを積み上げる…

 

ここまで工程が進むと

 

「あ、これはもう完成してるね」

 

と、思っちゃいますが

靴作りはまだ続きます…

 

底回りをヤスリで整えた後

最後に行うのが仕上げの工程

 

今回はナチュラルのままでも可愛いかな…

 

とも思いましたが

色々と考えた末

ロウをいれるとこにしました

おそらく靴作りでしか使わないであろう道具

ヘンテコな名前の変わったカタチのコテを熱して

ソールの部分にロウを染み込ませていきます

すると

元々はナチュラルカラーだったところが…

 

 

ロウを入れることによって

茶色く変化し

少しツヤ感もでて

なんだか グッ と引き締まった見た目に変わりました

 

ここまでくると

完成までもう少し…

 

キャメルの革の柔らかい雰囲気の 「rogue」という名前の革靴

 

次回完成です

 

つづく