アオイ、青い、紺い、黒い?紺色レザーのオーダー靴 ②

兵庫県は明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

手づくりにこだわった 靴や小物の制作や

靴教室を行っている 小さなちいさな革工房です

 

本日は前回の続きのお話を…

 

オーダーの1足

rogue  という名前の革靴の制作も後半戦

 

 

革底を貼りつけ

そして切り整え

そのうえ底縫いをかけた後の状態がこちら ↑

 

縫い目を隠すように施しているので

もう糸目は見えませんが

しっかりと分厚い革底が縫われています

 

ここからはカカトにヒールを積み上げていきます

 

 

土台には鉢巻きと呼ばれる

細革を取り付けて傾斜を整えてから

 

革のヒールを一枚

そして、ゴムのヒールをいちまい

 

と積み上げては切っていきます

 

革包丁で整えては

ヤスリを使ってさらになだらかに整えて

 

仕上げの工程にはいります

 

今回はコテを使った仕上げ

 

黒色のロウを使って

少しツヤ感のある仕様に仕上げていきます

 

そして…

 

 

ナチュラルだった底回りが

黒く染まりました

 

ロウを熱したコテで染み込ませるといった仕上げで

完成時は黒くツヤ感もありますが

経過することで

ソールの色味も変化していくといった

独特な風合いの靴に仕上がります

 

 

いよいよ完成間近

 

ネイビーのレザーを使った

rogue という名前の革靴

 

次回、完成です

 

 

つづく

 

アオイ、青い、紺い、黒い?紺色レザーのオーダー靴 ①

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある小さな革工房

「アトリエわっか」

 

この小さなアトリエで制作しているのは

靴や小物といった革を使ったアイテムたち

 

ひとつひとつ手づくりにこだわって制作しています

 

本日は靴のお話

 

rogue ( ローグ ) という名前の革靴です

 

アトリエわっかのオリジナルのレザー

黒くも青くも見えるネイビーレザーを使った仕様のオーダーの1足

 

いままで作ったことのなかった28.0㎝の大きなサイズでの制作です

 

 

どうやらこの rogue で使用している木型…

カタチの癖が強いこともあってこの28.0㎝が最大のサイズになりそうです

 

何センチでも作りたい気持ちはあったんですが

少し残念な気持ちになりつつも…

 

今回の28.0㎝の型もなんともギリギリみたいでした

 

ひとりじゃ靴はつくれません

 

靴をつくるには

革が必要で

靴のベースになる木型も必要で

もちろん道具も必要で

 

全部がぜんぶ自分で作ることなんてできません

 

今回の木型のこともあって

なんだかひとりでやっていても

色んな人に支えられながらやれていることを感謝しつつ

 

 

そんなこんなで

制作はもちろん1人で一から十までおこないます

 

縫製したネイビーのアッパー

木型につり込んでいくと…

 

このふわっとした印象がシャキっと変わります

 

 

ポッコリおでこが特徴的な

紐が多めのアッパーの rogue

 

大きくてもやっぱり可愛いなぁー

 

と思いながらも制作は続き

 

革底を付けると

一旦おやすみです

 

やっぱり良い雰囲気…

 

良い靴になりますように

 

と想いを込めて作る革靴

 

 

つづく

 

 

 

 

 

stompという名前の真っ赤な革靴 ③(完成編

明石の片隅にある小さな革工房

アトリエわっか

 

手づくりの靴や小物を制作しているアトリエで

作っていたのは…

 

真っ赤な革を使った1足の革靴

 

stomp ( ストンプ) という名前のデザインの革靴です

 

 

最終的にソールもアッパーに合わせて赤く染めて

 

靴紐とゴムの部分は茶色で引き締めるように仕上げました…

 

ライニングを使用していないデザインのこの stomp

足馴染みが良く、細身のラインが特徴な木型をしています

 

またステッチも極力少なくしており

シンプルにまとまりのあるデザインなので

色んな服装にも合わせやすくなっています

 

今回できあがったのは…

 

22.0㎝の赤い革靴

 

小さなシンデレラサイズの革靴ですが

他のサイズでもお作りすることも勿論可能です

 

赤い靴を主役にして一日おでかけをする…

 

1年365日のうちそんな日が何日かはあっても良いと思います

 

どんな雰囲気なのか?

 

どんな履き心地なのか?

 

気になられましたら

明石の片隅…魚住の駅近くのアトリエまで

どうぞお気軽にお越しくださいませ

 

よろしくおねがいします

 

stompという名前の真っ赤な革靴 ②

兵庫県は明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

手づくりの靴や小物の制作・販売

そして 手づくりの靴教室をしている小さな革工房です

 

今日は前回の続き …

 

赤い革で作り始めていた

stomp ( ストンプ) という名前の革靴のお話です

 

 

革底を貼りつけたところで終わっていた前回の状態から

余分な部分をカットしていき

木型なりのカタチに整えたら

溝起こしと言われている加工を施します

 

それが上の画像…

底の部分を薄皮をめくるように切込みを入れて

一皮めくっている状態です

 

よくよく見ると…

チクチクチクと糸目があるのがわかります

 

めくった部分に縫いをかけて

底が剥がれにくくなるようにしています(マッケイ製法)

 

少しでも長く履いてもらえる靴になるように

アトリエわっかの靴はすべて底を縫っています

 

ここから糸目を隠すように元の状態にもどしていくと…

 

切り口のラインは残りますが

何事もなかったようにめくれていた部分が元に戻りました

 

これからカカト部分にヒールを積み上げていきます

 

「積み上げる」

言葉の通り、一枚づつ貼っては、切って、釘を打ち…

しっかりと固定していくと

 

 

ほぼ完成のフォルムになりました

 

でもまだ仕上げの工程が残っています

 

手包丁で切っただけだった粗いラインを

色んなヤスリを使って整えると

 

 

元々このカタチだったかのようになだらかなラインになって

ソールとヒールが一体化しました

 

後は最終の工程、

ソールの仕上げです

 

作りながらどうするかずっと考えていましたが…

 

今回は「赤い靴」がテーマだったので

ソールも「赤」にして ほぼワントーンに仕上げました

 

赤い革靴

 

いよいよ次回完成です

 

つづく

 

stompという名前の真っ赤な革靴 ①

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある小さな革工房

アトリエわっか

 

今日はアトリエのサンプル作り…

手づくりの革靴のお話です

 

 

作り始めたのは

stomp ( ストンプ) という名前の革靴

 

つま先と踵部の芯材を入れるところ以外は

ライニングを使用せずにアッパー材だけで作っている革靴です

 

なので足馴染みも早く

見た目も極力ミシンステッチも少なくして

シンプルなデザインにまとめた革靴

 

アッパーの縫製を施してからは

つり込みの工程…

 

このアッパーを細身の木型に添わしていくと

 

すべてのパーツに真っ赤なレザーを使ったので

遠くから見ても目に留まる顔になりました

 

シンプルだけど

個性的な真っ赤な革靴(になる予定)

 

更に革底をつけると…

 

 

更に靴っぽく?なりました

 

大きめに裁った革底を貼ったときの状態なので

まだぼんやりした見た目ですが

ここからよくあるカタチに手裁ちで切り整えていきます

 

真っ赤な革靴

 

アトリエわっかの手づくり靴

 

つづく

 

小さなサイズ… 22.0㎝の rogue という名前の革靴 ③(完成編)

「アトリエわっか」

という名前の靴と小物と教室の革工房です

 

明石の片隅にあるこの小さな工房で

作り進めていた1足…

 

rogue ( ローグ) という名前の革靴

 

22.0㎝という小さなサイズ

 

この靴の制作も終盤戦です

 

ヒールの積み上げが終わった状態から

ソールの仕上げを行っていくと…

 

 

後は木型を抜いて

 

靴紐を通しなおすと…

 

 

できあがりました

 

曖昧な色味のネイビーのヌバックレザーをアッパーに使用し

ライニングやソール、紐はブラックで統一した

 

2トーンの色合いの rogue という名前の革靴

 

 

前から見ても、

横から見ても、

後ろから見ても…

 

シンプルだけど特徴的なデザインの革靴です

 

シンデレラサイズの22.0㎝

 

 

しばらくはイベントの出展もありませんので

アトリエにもお気軽にお越しいただければ嬉しいです

 

もちろんこのrogueも他の靴も小物も

狭いスペースですが押入れにディスプレイしていますので

どうぞ覗きにいらしてください

 

よろしくお願いします

 

 

小さなサイズ… 22.0㎝の rogue という名前の革靴 ②

明石の片隅にある

靴と小物と教室の革工房 「アトリエわっか」

 

小さなちいさなアトリエでつくる

革靴や革小物たち

 

ひとつひとつに手の跡が残っているような

 

そんな気持ちのこもっているモノにしたくて

 

すべて手づくりにこだわって作っています

 

本日は前回の記事の続き

22.0㎝の rogue(ローグ) という名前の革靴のお話です

 

 

「つり込み」という工程を経て

次にするのは「底付け」の工程です

 

釘が刺さったままの靴の裏面

 

ここから釘を抜き、真ん中の段差を埋めてから

 

分厚くて硬い革底を貼りつけて

革包丁でカタチを手裁ちで整えていく…

 

 「手」で切る という

機械的な作業ではないので、均等な工業製品とは異なり

同じように見えても、ひとつひとつ個性的な表情になっていきます…

 

 

底が付くとより「靴」らしいフォルムに変化します

 

完成までは長い時間と手間暇がかかりますが

一枚の平面だった革が

ひとつひとつの工程を経るごとに

じょじょにカタチを変えていき様子が目に見えるので

作っていると夢中になり、

何足作っても楽しいんだと思います…

 

 

 「革が化ける」と書いて「靴」くつと読む

 

よく考えられた漢字だなぁー

と、いつも思います

 

底のカタチも決まったら

底を縫い(マッケイ製法)

 

そして、踵の部分にヒールを積み上げていきます

 

いちまいいちまい積み上げては切り揃えていくと…

 

後ろ姿はまさに「靴」

 

後は仕上げの工程です

 

完成まではもう少し…

 

この続きはまた次回

 

つづく

 

小さなサイズ… 22.0㎝の rogue という名前の革靴

 

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある 靴と小物と教室の革工房

「アトリエわっか」

 

ひとつひとつのアイテムを型紙から

コツコツと「手」で作っている小さなアトリエです

 

今回は前々から作ろうと思っていた

「靴」を作り始めました

 

新しいデザインというわけではありませんが

「22.0㎝」の小さなサイズの革靴

 

イベント出展の時にお話ししていると時折耳にする

 

「足が小さいから…」

 

「足が大きいから…」

 

なかなか欲しい靴が見つからない… というお言葉

 

 

アトリエとして用意できている

一番小さなサイズのサンプル靴も23.0㎝だったので

 

まずはと思い、作り始めたのは

22.0㎝の「rogue (ローグ)」という名前の革靴です

 

 

使用した革は淡い色味のネイビーのヌバック

 

1色でまとめたワントーンのアッパーを被せるのは

小さなサイズの木型です

 

 

手に持つとやっぱり小さなサイズ感です

 

ここからワニと呼ばれる製靴専用の工具を使い

この木型に縫製されたアッパーをつり込んでいきます

 

つり込む前と…

 

 

つり込み終わり…

 

 

ピタっと木型に添わせてから

形成するまでしばらく置いておきます

 

 

ポコっとしたつま先と

10個づつある紐穴

 

シンプルだけど特徴的なデザインの

「rogue」という名前の革靴

 

完成まで工程はまだまだつづきます…

 

つづく

 

 

真っ赤なレザーの赤い革靴 koalaという名前の革靴 ③ …できあがりました

明石の片隅にある小さな革工房

「アトリエわっか」

 

靴と小物と教室の小さなちいさなアトリエで作っていたのは…

 

赤い革靴です

 

koalaという名前の革靴…

 

これに赤いレザーを使用して作っていた

1足のオーダー靴

赤いアッパーに

黒いレザーソール

 

赤と黒  バイカラーの革靴ができあがりました

 

そして、アトリエにてお渡しです…

 

スポッと脱ぎ履きができる仕様の

スリッポンタイプのこのkoalaという革靴

 

靴下やタイツなどと合わせてもきっと可愛いですが

素足やローカットの靴下でくるぶしを見せるように合わせると

 

より可愛い…

 

と思って作ったこの革靴

 

この日も素足で合わせていただきました

 

フィット感がよりよくなるように

中敷にてサイズの微調整もおこなって…

 

 

良い雰囲気に仕上がりました

 

ちょうど今から暖かくなるシーズンに

特にたくさん履いてもらいたい革靴の「koala」

 

そして気軽にも履いてもらいたい革靴です

 

アトリエわっかの karoo 同様に

ちょっとのお出かけにも使ってもらいたい革靴

 

生活に寄り添った使い方をしてもらえれば

とても嬉しいです

 

きちっと履く革靴もステキですが

気軽に普段履きに使える革靴…

 

そういう風に生活の一部にある革靴が

アトリエわっかの靴になれれば幸いです

 

真っ赤な革を使用したkoalaという名前の革靴

 

これからのおでかけに…

長くながく

赤い革が茶色になるまで…

 

たくさん履いておでかけを楽しんでもらえれば嬉しいです

 

また経過を見せにでも

どうぞふらっと遊びにいらしてください

 

ありがとうございました

 

 

真っ赤なレザーの赤い革靴 koalaという名前の革靴 ②

 

明石の片隅にある 小さなアトリエ

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

 

手づくりにこだわって

小さなちいさなアトリエで作る

革靴や革小物たち…

 

本日は前回の続き

 

赤い革を使った「koala」という名前の革靴

制作風景の後半戦です

 

革底の裏にペロっとめくった溝には

チクチクチクと

革底が剥がれないように底縫い(マッケイ)をかけてから

 

踵にヒールを積み上げていきます…

 

少し大きめに貼り合わせた革のヒール

これをこれまた整えます

もちろん「手」で切り整えます

 

革… そして、

トップリフトには硬化ゴム

 

まるで地層のように

重ねていっては整えると…

 

 

ヒールが積み上がりました

これで完成…

 

ではなくソールは黒ロウで仕上げていきます

 

赤いアッパーに

黒のライニング

そしてソールは黒

 

赤×黒の組み合わせ

ぼくの世代のイメージでいうと

ブルズカラー

なんだかカッコイイ印象が子供の頃からある

赤と黒の2色使いの靴

 

細かい部分をさらに整えてから

ナチュラルカラーだったトコロに

黒いロウを染み込ませていくと…

 

 

「ギュっ」と締まった雰囲気に仕上がりました

一枚革のシンプルなスリッポンタイプの革靴

赤い革を使った koala…

 

後は中敷きをいれて出来上がりです

 

次回完成…

そしてお渡しです

 

つづく