シンプルなデザインの koala(コアラ) という名前の革靴 ①

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

明石の片隅にある小さなアトリエです

 

手づくりで作っている靴や小物…

そして靴の教室など 色々と紹介をしていますが

 

本日はオーダー頂いていた1足の靴の紹介です

 

koala( コアラ ) という名前の革靴

 

アトリエわっかの靴の中で

一番無駄をなくしたデザインの1足です

今回使用した革はグレーのオイルレザー

 

暗すぎず明るすぎないレザーで

どんな服装にも合わせやすい色合いのこのレザー

 

上画像がこの靴のアッパーです

 

いちまい革で取れるよう

贅沢な型の取り方をしているので

繋ぎ目などの足当たりもなく

シンプルなデザインが特徴的な1足です

 

ワニ(ペンチ)と釘抜き、革包丁とポンポン(金槌)といった

数少ない道具を使って

 

ここから木型につり込み、

靴のカタチにアッパーを添わしていきます

 

そして、

つり込みが終わった姿がこちらです

 

まだ釘が刺さったままのこの姿…

 

「つりこみ」をするときは

釘を使って仮止めをしていきます

トントントントン

たくさん打つ釘ですが

すぐに抜いてしまいます…

 

抜く時は少し寂しくもなりますが

抜き忘れないように…

しっかり確認しつつ、

 

そして、そして

革底を付けていきます

革底には底縫いの糸が隠せるように

一皮めくるように加工してから

溝を掘ります…

まぁるいつま先に細身のシルエット

このkoalaという革靴

 

パッと見た感じは出来上がってそうですが

まだ完成までには工程が残っています

 

それでも もう少し もうすこし …

次回完成です

 

つづく

そろそろ立春… 明るい色味の rogue という革靴… 完成しました

神戸の隣の明石の片隅にある

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

ほぼ、家 プラス 小屋 の見た目の

物置小屋?

のような小屋が「アトリエ」になっています

 

外見と中見のギャップがあるアトリエですが…

手づくりにこだわって

ひとつひとつのアイテムを制作している革工房です

 

そんなこんなで 制作中だった

 rogue( ローグ) という名前の革靴

 

ナチュラルカラーのアッパーにブラウンのソール

春先に…

一年通して…

合わせやすい色味の手づくり靴が完成しました

最終の仕上げに

紐のカラーも本体のレザーに合わせて

薄いキャメルに統一して

 

淡い色味と濃い目のソールでメリハリのある1足に仕上がりました

 

前から…

横から…

そして、後ろから見ても

 

シンプルながら存在感があるシルエットにした

このrogueという革靴

 

ポコっとしたつま先と

片側10個の紐穴が特徴的な1足です

 

ダークトーンの色味も好きだけど

柔らかい淡い色味も …

 

なかなかしっくりきました

 

23.0㎝で作ったこの展示・販売用のサンプル靴

 

シンデレラの方 …

アトリエに …

イベントに …

 

どうぞお気軽に試し履きにいらしてください

 

お待ちしております

 

そろそろ立春… 明るい色味の rogue という革靴 ②

神戸と姫路の真ん中あたり …

明石の片隅にある 靴と小物と教室の革工房

アトリエ わっか

 

作っているすべてのアイテムは

「手」を使って作っています

 

ピシっと全く同じものが並ぶのも良いかもしれないけれど

せっかく自分で作るなら

ひとつひとつ同じデザインでも

それぞれにそれぞれの個性があるものになって欲しいと思って

日々コツコツと手づくりしています

 

と、今日のお話は前回の続き …

「rogue ( ローグ) 」という名前の革靴のご紹介です

縫製されたアッパーを木型に添わせ

底を付け… ヒールを積み上げる…

 

ここまで工程が進むと

 

「あ、これはもう完成してるね」

 

と、思っちゃいますが

靴作りはまだ続きます…

 

底回りをヤスリで整えた後

最後に行うのが仕上げの工程

 

今回はナチュラルのままでも可愛いかな…

 

とも思いましたが

色々と考えた末

ロウをいれるとこにしました

おそらく靴作りでしか使わないであろう道具

ヘンテコな名前の変わったカタチのコテを熱して

ソールの部分にロウを染み込ませていきます

すると

元々はナチュラルカラーだったところが…

 

 

ロウを入れることによって

茶色く変化し

少しツヤ感もでて

なんだか グッ と引き締まった見た目に変わりました

 

ここまでくると

完成までもう少し…

 

キャメルの革の柔らかい雰囲気の 「rogue」という名前の革靴

 

次回完成です

 

つづく

 

そろそろ立春… 明るい色味の rogue という革靴 ①

兵庫県は明石の片隅にある

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

 

気持ちを込めたものを作りたいと思い

ひとつひとつの アイテムの

ひとつひとつの 工程を

手づくりにこだわって制作しています

 

本日紹介するのは

「始まり」という意味を込めた「 rogue ( ローグ)」という名前の革靴です

この rogue という靴は

アトリエを始めて最初に作ったデザインで

10個のアイレットが特徴的な紐靴です

 

一見脱ぎ履きがとてもメンドクサソウにも見えますが

履き口の上の二本を緩めるだけで脱ぎ履きができる

見た目以上に履きやすい優れモノです

アッパーには春にも夏にも合わせたくなる

薄めのキャメル色のレザーを使用して作り始めました

 

アッパーを縫製し、木型に添わせて底を貼りつける …

 

そして

 

切っては 切っては 整えて

ペロっ とめくって

前半戦の終了です

一言でまとめると簡単そうな靴作りですが

文才のないワタクシ …

なんとも言葉では表しにくいコトや細かい工程もたくさんあります

 

何足作っていても奥が深い靴作り

作っているときは

なんとも夢中で…

 

アッと言う間に時間も過ぎています

 

そんなこんなで

徐々にカタチになってきた「 rogue 」という名前の革靴

この後、

底縫いを施して…

なんやかんやとありまして…

踵にはヒールも取り付けて

横顔はすでに「革靴」です

 

やっぱり横から見る姿が一番好きだな…

そんなことを思いつつ

 

この続きは次回にご紹介します

 

つづく

 

katakuri ( カタクリ ) という名前のサイドゴアブーツ 完成編

神戸と姫路の真ん中あたり … 明石の片隅にある

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

 

ここでは手づくりにこだわったアイテムを日々制作しています

 

本日は紹介させていただくのは

前回の続き …

katakuri ( カタクリ ) という名前のサイドゴアブーツの完成編です

アッパーにはオイルグレーのレザーを使用したこのkatakuri

本底に底縫い(マッケイ製法)をかけてからは

ヒールを付けていきます

 

付けると言っても一枚づつヒールとなる革を積み上げていき

高さを調整しつつ、最後のトップリフト(地面に接するところ)には

すり減りにくく滑りにくい強化ゴムを使用しました

 

革包丁1本で

できるだけキレイに整えた後

ヤスリを使って更になだらかなラインになるよう整えていくと …

 

ざらっとマットな風合いに整いました

 

ここから最終の仕上げの工程

ソール部分に色を付け、加工を施し、

最後に中敷を入れると …  完成です

 

ソールは黒に染め、

グレーとブラックの2色使いのブーツができあがりました

両サイドに大きめのゴムを付けた

サイドゴアブーツ

アンクル丈のブーツになっていますが

スポっと脱ぎ履きができるブーツです

 

急いでいる朝にも重宝するサイドゴアブーツ

 

デザインはシンプルに…

でも、前から見ても、後ろから見ても個性的に…

 

どんな服装にも合わせやすいカタチに仕上げました

 

左のブラウンのものが26.0㎝

右のグレーのものが今回制作していた23.0㎝

 

並べて見ると …

やっぱりグレーは小さくて可愛く見えます …

 

katakuri という名前のサイドゴアブーツ  ¥58000 ~

 

今回紹介させていただいた

この katakuri という名前のブーツも 展示・販売する

実際に手にとって見て・触れて・試していただけるイベント

Creema Craft Party 2018 に参加いたします

1月20・21日の2日間

たくさんの作り手さんが出展するイベントです

ご予定合いましたらどうぞお越しくださいませ

katakuri ( カタクリ ) という名前のサイドゴアブーツ

明石の片隅にある

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

 

以前紹介させていただいた時は

できたてホヤホヤでまだ名前をつけれていなかった靴があります

アトリエわっかのサイドゴアブーツ

 

名前もつけました …

 

名前は 「 katakuri ( カタクリ )」です

この靴の小さめサイズの23㎝を

グレーのレザーを使って作りました

 

シンプルだけど特徴的なデザインに

履きやすさもプラスしたこのブーツ

 

縫製を経て

木型に添わせて底を付けていきます

大きめに裁った本底用のレザーソールを貼り合わせ

 

手で切る、

きる、

切る …

そして、ペロっと切り開くと …

ここから溝を目印に底を縫っていきます

 

まだまだ工程は残っていますが…

 

本日はここまで … 。

 

やっぱり大きめサイズに比べて

小さめは可愛い…

そんなことも思いつつ

 

次回完成です

普段履きの革靴…緑色の stomp という革靴 ② 完成編

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり …

明石の片隅にある

靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

 

手づくりで作る革靴や革小物たち …

 

今回は前回の続き、

淡い緑色の革を使用した stomp ( ストンプ) の完成編です

ヒールを積み上げ、切り整えた状態から

ヤスリを用いて更になだらかに整えていき

ソールを仕上げていきます

 

ナチュラルのままでも、

ブラウンにすることもできるのですが、

アッパーの雰囲気と

個人的に この靴はなんとなく黒のイメージだったので

今回は黒に仕上げました

 

そして、木型をぬき

少し加工を施して

中敷と靴紐を通しなおすと…

ミドリ色の革を使った

stomp という名前の革靴が完成しました

 

経年変化も楽しめる緑の革

 

お手入れの仕方で濃くも淡くも変化する革に

黒を添えて仕上げました

一枚革仕立てならではのくたっとした雰囲気と

足馴染みの良さが…これって革靴?!

という履き心地の1足になりました

 

普段は革靴を履かない人にも是非履いてみてもらいたい1足

stomp(ストンプ) というこの革靴

 

是非一度お試しになってみてください

 

今月は1月20・21日(土・日)にcreema craft party 2018 という

インテックス大阪で行われるイベントと

1月27日に神戸は湊川公園で行われる手しごと市に先月に続き出展します

 

イベントでは見て・触れて・試すこともできますので

ご都合良ければどうぞお越しくださいませ

 

普段履きの革靴…緑色の stomp という革靴 ①

どんより雲の雨模様の月曜日

どうやら今日は成人式

なんとも おめでたい1日

自分が成人を迎えたのは…10数年前

きっとその頃には思い描けていなかった生活をしているなぁ…と

そんなことを思いつつ…

 

 

明石の片隅にある靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか では

すべてのアイテムを手づくりで制作しています

 

小さなちいさなアトリエで

作っていたけど紹介できていなかった1足の靴を

本日は紹介させていただきます

作っているのは

淡い色味の緑色の革を使った

stomp(ストンプ) という名前の革靴です

 

革靴だけどスニーカーのように普段履きにしてもらいたいと思い

デザインして作ったこの革靴

できるだけシンプルに見えるよう

縫製部分を少なくした構造で

つま先と踵以外は一枚革になっています

細身の木型に出来上がったアッパーをつり込み、

そして、本底にはベンズと呼ばれる厚みのある底革を使用しています

ペタっと貼り合わせては

手で切り整えて…

本底・アッパー・中底を縫い合わせて強度を高めています

底縫いの後に

踵のヒールを一枚づつ付けては切っていきます

トップリフトには

すり減りにくく・滑りにくい、強化ゴムのものを使用し

整えていきました

 

ここまで作って完成まではもう少し…

 

文字数では原稿用紙1枚分ほどですが

色々と時間も手間もかかる靴作り

だから値段も高くなってしまっています

 

でも時間をかけて気持ちを込めて作っている1足の靴

しっかりリペアをしていけば長く長く履いてもらえる1足の靴となります

 

手の跡が残る ひとつひとつ異なる表情の靴を

少しでも気に入ってもらえれば嬉しいです

なんだか変な文章ですが

そんな気持ちでいつも制作しています

 

完成までもう少し

次回完成です…

 

「革の裏」をわざと見せて作った koala ( コアラ ) という革靴 ③ (完成編)

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある アトリエわっか

 

小さなちいさな工房では

コツコツと手づくりにこだわって 革靴や革小物たちを制作しています

 

そして本日は

制作中だった koala ( コアラ ) という靴の完成編です

アッパーに使っている革は

普通は見えない部分…

わざと毛羽立っている面(革の床面)を見えるように作りました

 

黒のような…

 

グレーのような…

 

曖昧な色味のアッパーに

底回りの革は黒く染めてギュっと締まった雰囲気になっていて

 

少し色気のある表情に仕上がりました

ソールの部分を よーく見ると …

黒く染めるだけではなく

染めてから更にマットになるようになるように加工も施しました

踵の真ん中にチョこっとついている補強の革も

実は本体とは違う革をコッソリ使いました

 

よーく見ると …

実はネイビーになっています

 

いちまい革で作られている

無駄のないシンプルなデザインですが

細かいところにアクセントを置いて作ってみました

 

大人っぽい革靴

 

koala という名前の革靴

 

できあがりました

 

「革の裏」をわざと見せて作った koala ( コアラ ) という革靴 ②

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある 靴と小物と教室の革工房 アトリエわっか

 

ここでは ひとつひとつ 手づくりにこだわって制作しています

 

今日は前回の続き

甲革(アッパー)を革の銀面(ツルツル面)を使用せずに

裏面(毛羽立った面)をわざと使用して作っている koala ( コアラ ) という靴

 

底縫いまでが終わっていた この靴の制作

今回は後半戦…

 

土台ができたところにヒールを積み上げていきます

 

一枚いちまい積み上げては切り整えるという

手作業の工程だらけの後半戦

 

もちろん時間はかかりますが

見る見るうちに カタチが出来上がっていく

それが楽しくて手を止めずにドンドン進めていくと …

 

ヒールもいつの間にか積み上がり …

後は仕上げの工程です

 

今回作っている この koala は底まわりをマットブラックにしていきます

ヤスリで微妙な段差を整えた後

 

黒の染料を使って色を付けていきます

 

そして…

少し加工を施して

 

黒く染まった底まわり

 

ナチュラルだったカラーから

ギュっと締まった雰囲気に変わりました

 

後は最終の仕上げをして完成です

 

履き口が浅めの靴ですが

秋冬にでも合わせやすい色味のこの一足

 

次回完成です

 

つづく