ブラウン?カーキ? 茶色って一言でいっても幅がある… 茶色い? stomp という名前の革靴 ③(完成編)

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

「アトリエわっか」

 

手づくりにこだわって制作している革靴や革小物

そして、自分の手でつくっていく靴の教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

 

本日は前回からの続き…

制作していた 「stomp」という名前の革靴

 

いよいよ完成です…

 

 

ブラウンのような?

 

カーキのような?

 

曖昧な茶色の革を使用した1足

 

stompという名前の革靴

 

足当たりも柔らかく馴染みの早い革で作られた1足です

 

 

全体的にダークトーンだったので

靴紐はアクセントで少し明るめのベージュを採用

 

中性的な色味なので年中コーディネートに取り入れやすい色合いになりました

 

 

中敷もベージュの革を使用し、

 

カカトのトコロにはもちろん

「わっか」のロゴの焼き印を…

 

 

なるべく縫製を少なくしたデザイン…

 

細身の木型をベースに作っている1足の革靴

 

色んな服装に合わせやすいデザインになっています

 

カチっとした革靴とはまた違って

 

普段のお出かけに…

 

何気ない生活に…

 

日々の暮らしの道具の1つとして

 

使ってもらいたいと思って作った革靴です

 

気になられましたら…

 

アトリエに並べていますので

どうぞお近くにお越しの際は遊びにいらしてください

よろしくお願いいたします

ブラウン?カーキ? 茶色って一言でいっても幅がある… 茶色い? stomp という名前の革靴 ②

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある小さな革工房

「アトリエわっか」

 

手づくりにこだわった革靴や革小物の制作と

てづくりの靴教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

本日は前回の記事の続きのお話を…

 

 

 

曖昧な色味の茶色い革を使った stomp という名前の革靴

この靴の制作も後半戦です

 

底縫い(マッケイ製法)を施したあとは

カカトのところ…

 

ヒールを一枚いちまい積み上げていきます

 

細かいことをいうとヒールを積み上げる前に

ハチマキと呼ばれる細革で傾斜を整えてから

 

ヒールのカタチに切り出した革を

 

ペタっ と貼っては

 

手包丁で切り整えて…

 

そのあと釘を打って固定して…

 

この繰り返しでヒールが付けられていきます

 

最後の地面に接地するところ

トップリフトには革ではなく強化ゴムを使っています

 

 

ヒールが付くと

 

もう見た目は「靴」です

 

ここからは仕上げの工程

特に底回りを丁寧に整えていきます

 

ヤスリを施し

手包丁じゃ整えきれなかった部分をなだらかにしてから

「ロウ」を側面に染み込ませていきます

 

革に無色のロウを入れると茶色く変化して

染料で染めるのとはまた違った

なんとも言えない雰囲気がでてきます

 

見た目だけじゃなく防水性も上がる優れもの

 

ここまで工程を施すと

そろそろ完成間近…

 

次回完成です

 

つづく

 

ブラウン?カーキ? 茶色って一言でいっても幅がある… 茶色い? stomp という名前の革靴

兵庫県は明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

手づくりにこだわって制作しているアトリエでは

オリジナルの革靴、革小物の制作と

てづくりの靴の教室をおこなっています

 

本日は1足の革靴の制作風景の紹介です

 

 

裏革を使用せずに作っている革靴

stomp ( ストンプ)  という名前のアトリエわっかの革靴

 

つま先とカカト以外はアッパー革のみとなっているので

足馴染みも早いのが特徴的な革靴です

 

そんな1足の革靴

 

作り始めは、裁断から始まって、

縫製・つり込み… と続いていきます

 

 

上の2枚の画像は つり込み前 と つり込み後

 

サラッと見ると同じ様な写真にも見えるかもしれませんが

実はビフォーアフターです

 

そう言われてからもう一度見てみると

きっと違いがわかってもらえると思います

 

この木型に添わせた状態からは

革底を付けていきます…

 

大きめに裁ったものを

 

ペタっ と

 

 

そして、

 

ここから手裁ちで切り揃えていき…

 

 

見慣れた雰囲気の

靴のフォルムにまで整えます

 

片足が終わったら

もちろん続けてもう片足…

 

同じことを2回づつ繰り返して作っていく靴作り

 

楽しい?

 

めんどくさい?

 

どう感じるかは人それぞれ

 

ぼくはどうやら楽しいと思ってしまった人です

 

 

細かい工程も色々ありつつ

ここまで進めて折り返し…

 

このつづきは

 

また次回…

 

つづく

 

ご出産のお祝いに… 小さな靴の贈り物…

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

てづくりの革靴を中心に

革物を手づくりにこだわって制作している

小さなちいさなアトリエです

 

本日はそんな小さなアトリエで作った

小さな革靴の紹介です

 

 

作っているのは…

 

11㎝の小さな靴

 

材料は ほぼすべて「革」で作っている1足は

 

贈り物に最適なファーストシューズです

 

 

すべての工程を手作業で作っている小さな革靴

 

大人のサイズとはまた勝手が違いますが…

使う道具は大人とおんなじです

 

つり込む時にはワニを使い

切るときには使い慣れた革包丁

 

ひとつひとつの工程を経て

 

 

大人の靴と同様に少しずつ整えていきます

 

写真で見るとサイズ感がわかりにくいですが…

 

手のひらに乗せてみると…

 

 

やっぱり小さな11㎝

 

 

アトリエわっかのファーストシューズは

カカトやつまさきには芯材を使っていません

 

なので、大人の靴よりも時間をかけて形成させます

 

作り始めると早く完成させたくなりますが

その気持ちを堪えて木型を入れて長い期間寝かせておきます

 

 

じっくり時間をかけて作った1足は

 

出産祝いの贈り物

 

 

 

小さな小箱に詰め込んで…

 

気持ちを込めて作った小さな革靴

 

きっと履かせてあげれる期間は短いですが

時間が経った時、久しぶりに見たときに

優しい気持ちになれるような

思い出の品になれたら幸いです

 

ご出産おめでとうございました

 

日光浴をたっぷりさせながら作った革靴… rogue という名前の革靴 ② (完成編)

兵庫県は明石の片隅にある革工房

「アトリエわっか」

 

手づくりの革靴、革小物の制作…

そして、てづくり靴の教室をおこなっている

 

小さなちいさなアトリエです

 

ほんじつは前回の続き…

 

「やさぐれた革」を使用して作っていた rogue という革靴

 

サンプルとして作り始めていた1足の革靴

出来上がった時の様子の紹介です

 

 

 

裁断したときはもっと赤みの強かった革

 

長い間…

 

日に浴びさせては、オイルを入れての繰り返しで

 

なんとも良い色味に変化しました

靴紐はダークブラウン

ソールもブラウンにしており

トーンの違うブラウン系の色味でまとまった1足になりました

 

もちろん、革そのものの「傷」も全面に押し出した靴になっています

 

自己満足ですが…

 

時間をかけたかいもあり

独特な良い雰囲気に仕上がりました

 

この子ができあがったのがちょうど7月の東京での出展前

 

都会でのイベントが初お披露目でした

 

 

東京での良い出会いもあって

出来上がって早々に嫁いでいった この「やさぐれた rogue 」

 

あれから あっ と言う間に3週間

 

 

たくさん履いてもらっているかなー?

 

また会いたいなぁー。

 

そんなことをふと思いながら

この夏はこもって制作に励みます

 

東京へはまた11月…

 

それまでまた精進します

 

さぁ今日は月曜日…

新しい1週間、一日一日がんばります

 

日光浴をたっぷりさせながら作った革靴… rogue という名前の革靴 ①

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石市の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

手づくりの革靴や革小物の革物たちの制作と

靴の教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

 

本日のブログでは1足の革靴の紹介です

 

rogue( ローグ) という名前の革靴

 

アトリエのサンプルとして作り始めた1足は

28.0㎝の大きめサイズの1足です

 

 

革靴を1足完成させるまでには工程も多く、

時間も長くかかります

 

使用する革を選ぶところから始まるサンプル作り…

 

毎回まいかい作る度に悩んでいるところ、

ある意味いちばん時間がかかる工程かもしれません

 

そんな革選びを経て…

 

今回使用したのは「やさぐれた革」

 

アトリエで使っている革は基本的に半裁のものを使っています

その大きな1枚のほぼ全体的に傷まみれ…

 

きっと普通の製品にはまず使われないであろう革です

 

 

どこもかしこも傷だらけ…

 

大きい傷も小さい傷も1足に詰め込むように使っています

明らかに左右非対称な傷の入り方

 

これはなんともマニアックな1足になりそうです

 

 

そして、ソールもヒールも付けられて

もうすぐ完成のフォルム…

靴の姿になりました

 

なんだか あっ という間に

出来上がったような書き方をしてしまいましたが…

 

普段よりもかなり時間をかけて作っています

 

タイトルに書いた通り…

途中で日光浴をたっぷりとさせていました

 

窓際で初夏の日差しを浴びさせて…

革の経年変化を相当促進させるように…

 

それは、この今回使っている「やさぐれた革」の

経年変化がとても良い雰囲気だったので

始めから100%の状態で見せたくて…

そんな想いを込めて時間をかけて日焼けさせました

 

画像だとわかりにくいかもしれませんが

始めは赤みが強い革ですが

日に焼けていくと徐々に黄みが強くなってきています

 

 

もちろん日焼けだけじゃなく、

制作にもじっくり時間をかけて丁寧に想いを込めて作った1足

 

 

仕上げの工程を経て…

 

まもなく完成です

 

つづく

 

 

本体は?ライニングは?ソールは? 選んで作る、rogueという革靴 ② (完成編)

兵庫県は明石の片隅にある革工房

「アトリエわっか」

 

小さな物置小屋のような外観…

手作り感の溢れる内装…

 

中見と外見のギャップもある小さな革工房

アトリエわっか

 

ここでは手づくりで革靴や革物の制作、

そして、靴の教室をおこなっています

 

本日は前回の続き…

 

お好みの組み合わせでオーダー頂いていた

rogue ( ローグ) という名前の革靴

 

いよいよ完成です

 

 

アッパーにはネイビーのレザー

ライニングにはナチュラルカラーのレザー

靴紐はダークブラウン

ソールはマットブラック

 

ひとつひとつのお好みを詰め込んでカタチにした1足になりました

 

 

よーく見ると、

ソールの部分はザラっとした質感に仕上げていたり

 

カカトにつけているタブは革の裏面を見せていたりと

 

細かい部分まで選んでいただきました

 

 

前から見ても

 

横から見ても

 

後ろから見ても

 

シンプルだけど特徴的なデザインの

この rogue という革靴

 

色んなスタイルで合わせてもらえると嬉しいです

 

徐々に黒っぽくなっていく…

レザーの経年変化も楽しみな1足になりました

 

 

想いを込めて作った1足の革靴…

 

これを小さな箱に詰め込んで

今回は郵便屋さんでお届けです

 

気に入って、たくさん履いてもらえていますように…

 

履いている姿も見せてもらえたら嬉しいです

またお会いしましょう

 

ありがとうございました

 

本体は?ライニングは?ソールは? 選んで作る、rogueという革靴 ①

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

「アトリエわっか」

 

手づくりの靴や小物の制作と靴教室をおこなっている

小さなちいさな革工房です

 

 

本日はオーダーを頂いていた1足

「rogue ( ローグ ) 」という名前の革靴の紹介です

 

アトリエわっかの革靴

 

イベント出展の際やアトリエにてオーダーを承っており、

サイズが合って、デザインやカラーも気に入って頂ければ、

現品をお持ち帰りもしていただけますが

基本的にはカラーオーダーというカタチになっています

 

まずはこちらで作っている靴のデザインの中から好きなものを選んで頂き、

サイズを決めてから、

 

本体の革の色

 

ソールの革の色

 

紐の色

 

などなど…、

こちらで用意している革の中から色々と選んでいただけます

 

1色でまとめて単色にしても良し

パーツごとに色を変えても良し、

 

お好みの組み合わせで選んでいただけます

 

そして、選んでもらった組み合わせで制作開始…

 

 

ベースに使った革は黒に近いネイビー

アトリエわっかのオリジナルのレザーです

 

ライニングにはナチュラルカラーのものを使用しました

 

少しずつ すこしずつ

 

裁断、縫製、つり込み、底付け と…

 

たくさんある革を靴にする為の工程を経て

立体に…

靴になるよう作っていきます

 

 

約200程あると言われている靴ができるまでの工程

ほぼ全てを「手」を使って作っているアトリエわっかの革靴

 

なので 良くも悪くも、

同じデザイン同じサイズでも

全く同じものは作れません

 

技術と気持ちが乗っかって靴になるから

ひとつひとつ靴の表情も変わってきます

 

「だけど」じゃなくて「だから」良いんだと思って

このスタイルで作っています

 

ひとつひとつのアイテムに気持ちを込めて作っている

アトリエわっか

 

オリジナルの組み合わせの革靴も

もうすぐ完成…

 

つづく

 

あおい rogue と ちゃいろの stomp アトリエわっかの革靴

兵庫県は明石の片隅にある革工房

「アトリエわっか」

 

手づくりにこだわった 革靴や革小物を制作している

小さなちいさなアトリエです

 

本日は革靴のお渡しの日

 

オーダー品だったネイビーの rogue という革靴の

お渡しの様子をほんのりと紹介です

 

 

出来上がった革靴

箱にしまっている革靴を

取り出して

 

目の前で履いてもらう…

 

ドキドキとワクワクが入り混じった瞬間です

 

 

サイズはどうかな?

履いた感じはどうかな?

雰囲気は気に入ってもらえたかな?

 

なんてことを想いながら…

 

 

靴紐を締めなおして

足をいれてもらう

 

 

足元を見ながら

笑顔になって貰えた瞬間が

言葉にならないくらい嬉しいです

 

語彙が乏しいので言い表せないというのもありますが…

 

なにはともあれ、自分の手で作ったものを

身につけて、使って 喜んでいただけるのは

 

本当にほんとうに嬉しいです

 

 

そして、

このお渡しの日はご夫婦でお越しくださっていました

奥さま茶色のstompを試し履き…

 

ブラウン×ベージュ の2色でまとめられた stomp

2色だから通年合わせやすい色味になっています

 

「革靴」っというキッチリ履くという感覚よりも

「スニーカー」のような感覚で

普段の何気ない生活に使ってもらいたい革靴のstomp

 

気に入って頂いて

このままお嫁にいくことになりました

 

 

ご夫婦で揃って…

足元はアトリエわっかの革靴を履いてお出かけをする…

 

お休みに良いお天気だったりしたら

そんな日も来るんだろうなぁ

 

想像しただけでなんとも嬉しい光景

 

これから長くながく履いてもらえたら嬉しいです

リペアやケアもしますので

またふらりとアトリエに遊びにいらしてくださいー

 

本当にありがとうございました

またお会いできるのを楽しみにしております

 

 

アオイ、青い、紺い、黒い?紺色レザーのオーダー靴 ③(完成編)

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房 アトリエわっか

 

手づくりにこだわって制作している

小さなちいさな工房では

靴や小物の革を使ったアイテムを作っています

 

今日は前回の続き…

 

オーダーを頂いて制作していた革靴の完成です…

 

 

靴の名前は「rogue  ( ローグ)」

 

黒くも青くも見える…

 

ネイビーのレザーをアッパーに使用し

ライニングにはブラックのレザーを使いました

 

ソールやヒールなどの底回りも黒く仕上げているので

紺と黒の2色でまとまりました

 

 

サイズが今まで展開していたものよりも

大きなサイズの28.0㎝のオーダーだったので

 

そもそも木型が作れるかな?

 

っていうようなとても曖昧なカタチからのスタートだった今回のオーダー

 

 

なんやかんやとありましたが

 

良い顔の良い靴になったと思います

 

 

自分だけじゃモノは作れない

 

見えないところで

色んな方々にお世話になりながら作れていることを

今回の制作で改めて実感させてもらいました

 

 

黒くも青くも見える靴

rogue という名前の革靴のできあがり

 

 

喜んでもらえるかな…

 

 

気持ちをこめて作った1足の手づくり靴

 

なにはともあれ 完成です

 

 

次回はアトリエにてお渡しです…