うちばねの短靴 … woopという名前の靴を納品してきました

「うちばねの短靴」

というだけのオーダーで作りはじめることになった1足の靴

 

「woop ( ウープ)」という名前のこの靴

出来上がってから、少し時間が経ちましたが

まだ春の頃にお届けしてきました

まだまだ 始めて間もない 靴と小物の小さな革工房

  「アトリエわっか」

 

目の前で作った靴を履いて貰う …

 

文字にすると なんてことないかもしれません

靴を作る商売をしていたら 当たり前なのかもしれません が

 

1人でやっていると見えない事も色々あるけれど

1人でやっているから目に見える幸せも色々とあるんだと

 

自分が作ったこの1足を履いて頂いている姿を見て

なんだか再確認させてもらったような気持ちになりました

 

と、少し話はそれましたが …

 

「靴は履きもの…」 と言われるだけあって

やっぱり靴だけで見るよりも履いている姿は

イキイキしているように感じます

 

柔らかい雰囲気の淡いキャメルの革を使い作ったこの靴

少しずつ焼き色をつけながら

1年中履いてもらえたら嬉しいです

 

そしてボロボロになったら…

 

いつでも修理も賜ります

長くながく履いて貰えたら幸いです

 

ありがとうございました!

 

だれかじゃなくて、1人の為に作る靴 ➄(完結) … rogueという靴

 

rogue という名前の一足の靴

アトリエわっかのオリジナルレザーを使い

コツコツと作り進めてきましたが、いよいよ完成です…

 

 

履いていただけるお客様の顔を思い浮かべながら

ひとつ ひとつの工程を

丁寧に  気持ちを込めて

作ってきた 1足の靴

 

数多くある工程を経て 出来上がりました

 

型紙は同じでも 使用する革も違えば ほぼ全ての工程を手作業で行っているので

同じサイズの 同じ靴でも 機械で作られたモノのように

全く同じ顔にはなりません

 

その履き手のことを想い

その人の生活の一部になれるような

体の一部になれるような

大事に 長くながく 履いて貰える …

 

そんな靴が作れたらと思い

気持ちを込めて作りました

 

 

今できる精一杯の 気持ち と 技術 と

「ありがとう」を詰め込んで作った1足

 

 

そんな想いを小さな靴箱に詰め込んで …..

 

 

明石の片隅にあるアトリエで 今日もコツコツ靴作り。

 

だれかじゃなくて、1人の為に作る靴 ④ … rogueという靴

明石の片隅にある アトリエわっかでは

オーダーいただいた お客様の靴を制作中です

 

そろそろ 工程も終盤戦  …

 

革底を縫う工程を経て、

縫い目を隠すように 開いた部分を元通りに戻してから

踵に少し大きめのヒールを 積み上げて

一枚 いちまい 切り揃え

 

本底と同じく ヒールのカタチにも

もちろん目印はありません

基本的には同じ形には仕上げていますが

手仕事の為 100%同じ形にはなりません

 

お客様の顔を思い浮かべながら

気持ちを込めて カタチ にしていきます

そして   …  見た目はもうすでに 「靴」

 

上画像のヒールとソールが黒っぽくなっているのは

仕上げの工程で使うロウが塗られています

 

革部分のヒールとソールに 熱したコテを使い

革にロウを染み込ませていきます

見た目の変化もありますが 防水性を上げる効果もあります

 

すると元々はナチュラルだったヒールとソールは黒く くろく 染まり…

 

 

ガラリと雰囲気も変わりました

あとは 底面に化粧を施します

踵には 真鍮の釘を打ち込み

ソールには 刻印、焼き印を入れて…

 

まもなく完成 !

 

色んな工程を経て出来上がるアトリエわっかの靴

気持ちを込めて手仕事で作る革靴

 

良い顔になりました

 

つづく。

だれかじゃなくて、1人の為に作る靴 ③ … rogueという靴

アトリエわっかでは オーダー靴を制作中

作っているのは 紺色の革を使用した rogue ( ローグ) という名前の靴です

 

つり込みと呼ばれる工程までが終わり

靴の顔がチラっと見えてきました

 

ここまででの工程で大体半分くらいが過ぎたところです

完成までは まだまだ続く靴作り …..

ここから本底(革)を付けていきます

底面よりも少し大きく裁った底革を

ペタっと貼り合わせ

そこから革包丁を使い 手で切り揃えていきます

「ここまで切ってね」

っていうような親切な目印なんてものはありません

 

自由に そして 大胆に  それでいて  慎重に

履いてくれる人の顔を思い浮かべながら

 

夢中になって切っていきます

 

グググッと集中した後…

ふと気づくと足元には

 

大胆にグイッと切ったところや

慎重に微調整をしたところなど

いろんな大きさの革の山

 

そして  切り整った革底に少し加工を施して …

この後は底を縫い合わせます

 

そろそろオーダー靴の制作も終盤戦

明石の片隅にある小さな革工房より心を込めてつくります

 

つづく 。

だれかじゃなくて、1人の為に作る靴 ② … rogueという靴

手作りですべてのアイテムを作り出している

兵庫県は明石の片隅にある 靴と小物の小さな革工房 アトリエわっか では

オーダーいただいた靴の製作中です

 

縫い終わったアッパーに仮紐を通して …

 

良い雰囲気になりそうだ .o0

 

と 1人つぶやきながら

次におこなうのは中底加工

底面よりも少し大きめに裁った革を

あらかじめ木型に添わせておき

手作業で底面のカタチになるよう切り揃えていく…

 

靴になると見えなくなる中底と呼ばれる部分ですが

しっかりと できる技術を詰め込んで

ていねいに ていねいに…

そして 中底加工が終わった木型にアッパーを添わせていく

 つり込み と呼ばれるその工程は

数多くある靴作りの工程の中で

最も靴の顔が決まる工程だと思います

 

ひっぱりすぎないように

いがんだりしないように

右と左が仲良く前を見ているように

 

 

どことなくほんわかと

どことなくやさしい雰囲気に

 

そんな靴になりますようにと思いを込めて作る靴

 

 

ポコっとしたつま先が 特徴的な木型に添わされて

少しずつ  少しずつ

想いを込めた靴になっていきます

 

つづく 。

だれかじゃなくて、1人の為に作る靴 ① … rogue という靴

 

兵庫県は明石の片隅にある

靴と小物の小さな革工房 アトリエわっか

アトリエではオーダーいただいた rogue という靴を製作中 …

 

誰かの為に作るサンプルの靴とは また違って

顔が見えているお客様の靴を作るのは

いつも なんとも言えない感覚になります

裁断から始まる靴作り

革を裁つときからお客様の顔を思い浮かべながら

 

ここが良いかな?こっちの方が良いかな?!

 

と一人で思いつぶやきつつ …

裁断を経て縫製に入ります

 

トコトコトコトコ…

平面に裁断した革パーツを

立体になるようミシンを使って縫い合わせ…

 

縫いあがったのはサンプルでも使っていた

オリジナルレザーのネイビーを使ったrogueのアッパー

 

紺色でありながら 光の加減で黒くも見える

少し大人な雰囲気が漂うレザーです

 

良い顔の靴になるように…

履いてくれる人を思い浮かべながら

靴作りはつづきます。

靴を履いて写真を撮ってみると 。

兵庫県は明石にある  靴と小物の小さな革工房 アトリエわっか

手づくりで作られた靴のサンプルたち …

 

出来上がったその靴を履いて写真を撮ってみました

 

まずは karoo ( カルー

黒のヌバックレザーを使用して作られた  karoo 26.0㎝

少しマットな質感の革で作られており

ソールとヒール部も黒にして ワントーンで統一しているので

落ち着いた雰囲気にまとまりました

 

色物の靴下と合わせても相性の良い 黒の karoo

上の画像のように 踵を踏んで履くこともできるので

急いでいる時には重宝しますし

時にはリラックスできる仕様になっています

 

そして、  rogue ( ローグ

甲部分の紐穴の多さと

つま先のポコっとしたカタチが特徴的な rogue 26.0㎝

 

このサンプルに使用した革は アトリエわっかオリジナルのレザー

黒に近いネイビーという色味で 柔らかい質感のレザー

少し大人な雰囲気にまとめられた1足

 

見た目ほど脱ぎ履きは面倒ではなく

上の方の紐を解くだけで脱ぎ履きができるようになっています

横幅も広めの木型を使っているのでストレスもなくガツガツ歩けます

 

革が固いし足が疲れるイメージが強い革靴ですが、

アトリエわっかでは基本的に柔らかいレザーが多いので

履きはじめから馴染みが良いように作っています

 

サンプルが完成したのはまだまだ肌寒い初春だったので、

画像の足元は少し冬仕様ですが …

靴だけじゃなく 着用したときのイメージが少しでも伝わっていれば嬉しいです

 

また夏のスタイルでの着用画像もボチボチと撮影しようと思っていますので

どうぞ 長い目でお待ちください ー

 

つづく

サンプル完成… woop という靴

兵庫県は明石にある  靴と小物の小さな革工房

アトリエわっか で作られた靴のサンプルたち…

これまでに 2型ご紹介させていただきましたが

今回ご紹介するのは こちらです

 

名前は  woop ( ウープ)

 

rogueと同じ木型を使用し

ポコっとしたつま先と

甲の部分のまぁるいラインが特徴的なうちばねの短靴です

踵には少し太めのタブを取り付け

後ろ姿も印象的になるようデザインしました

また、サンプルならではですが …

よくよく見ると靴のあちらこちらには

ピンホールと呼ばれる虫食いの痕がみられます

そんなパーツをあえて使用して靴にしました

一般的なお店にはまず並ぶようなことのない革の部分です

 

革という天然物を扱っている者として

このような革の個性も大事にして

モノづくりをしていきたいと思い

今回サンプルに使うことにしました

 

きっと人それぞれ 趣味趣向は異なるとは思いますが

傷や血筋、ピンホールなどなど…

色んな 革の個性を良しとして

それがカッコいいものとして

色んなアイテムに落とし込めれば良いかなと思います

 

と、話が少しそれましたが

何はともあれ

このうちばねの革靴も覚えて頂ければ嬉しいです

 

名前は  woop

 

どうぞよろしくお願いします。

 

つづく 。

サンプル完成… karoo という靴 。

兵庫県は明石にある 靴と小物の小さな革工房

アトリエわっか で作られた靴のサンプルたち

完成した2つ目の靴は スリッポンタイプの革靴です

 

この靴の名前は  karoo ( カルー )

 

名前に深い意味は … ありません

出来上がった時の 見た目の雰囲気と

正面から見たときの 靴の顔で決めました。

裏革を使用せず 、足を包む部分のベースは一枚革で形成していて

その上にまるでポケットのように もう一枚 革を被せています

また、踵には芯材をいれていないので

踵を踏んで履くことができるようになっています

 

なので、脱ぎ履きが とても楽なのです

 

作り始めたきっかけが…

気軽に履けて、ちょっとそこまでのおでかけも 楽しめるような革靴が欲しい

ということが1つのコンセプトだったので

個人的見解ですが … イメージ通りの仕上がりになりました

 

シンプルにまとめられたデザインに

革底で作られた 少し大人なスリッポン

 

足を包むような履き心地 …

 

是非一度お試しいただきたい靴になりました

 

明石にお越しの際はぜひお試しを…

 

つづく。

サンプル完成… rogue という靴 。

コツコツと 作り進めていたサンプルも いよいよ完成

アトリエわっかでは 今のところ4つのデザインの靴があります

その中の3型が今回できあがりました!!

それを1つずつ紹介していきたいと思います

今回は上の画像にも載せている靴

 

名前は rogue ( ローグ)

 

「始まり」の意味をもたせた靴

直訳ではそんな意味ではありませんが…

感覚的にとらえてもらえたら幸いです

 

サンプルで作ったのは

濃紺のオリジナルレザーを使用したものと

淡いキャメル色のレザーを使用したものの 2足

 

正面からの 10個の紐穴が特徴的な見た目と

後ろ姿からは 長めのカカトタブがチラリと見え

横から見ると ポコっとしたつま先がよく目立つよう

色んなスタイルに合わせやすいように

なるべくシンプルにデザインしました

 

今回のサンプルは単色でまとめたものにしましたが

パーツごとに色んなレザーを使用してカラフルにすることも◎

使用する革で大きくイメージが変化しますので

徐々にですがいろんなバリエーションで作っていこうと思います。

 

明石にある 小さな工房で生み出させる靴たちの

まずは顔と名前を憶えてもらえると嬉しいです。

 

つづく。