手づくり靴の教室… 革底を手で縫う工程のところ

 

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

「アトリエわっか」

 

手づくりの革靴と革小物の制作

そして、手作り靴の教室を行っている

 

小さなちいさなアトリエです

 

 

本日は靴の教室の様子を…

 

 

革底を貼りつけては

切り整えたのち…

 

底面に溝を掘ります

 

せっかくの革底に傷を付けているようですが

この先の工程で必要な「溝」になります

 

 

この溝は糸の通り道

底縫い(マッケイ製法)の下準備です

 

掘った溝をガイドにして、

さらに穴をあけていきます

 

トントン

トントン

 

叩いてはグッと引き抜いて

 

トントントン

 

叩いてはググっと抜いて

 

溝のトコロすべてに穴をあけていくと…

 

ポツポツポツと

穴が開きました

 

この穴を縫っていきます

 

縫い糸も出来上がったものはないので

1本1本加工を施して作っては…

 

 

これで縫う準備の完了です

 

「穴を開けて糸を作って縫う」

 

文字にすると10文字ちょっとの工程ですが

大変な手間暇をかけておこなっています

 

時間のかかる工程のひとつですが

その分愛着も湧く工程です

 

そんな底縫いの工程

縫い始める前にちょっと息抜きを…

 

 

底を縫う時には木型を一旦抜くので

履ける状態になります

 

すこしフライングですが

ここで試し履き

 

自分で作ってきたものに足をいれる…

 

カタチになってきた自分の靴

完成がさらに楽しみになります

 

 

ちょっと息抜きを経て…

 

一目一目、一歩一歩手縫いを施します

 

一般的なレザークラフトの手縫いのやり方とは少し異なる縫い方で

ながーい糸を使うので、絡まらないよう気を付けながら

 

チクチクチクチク

縫っていきます

 

糸が絡まるとなんとも大変なこの工程

 

慎重にしんちょうに

 

コツコツと縫っていきましょう

 

つづく

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

アトリエわっかの手で作る… 革靴の教室 つり込み、底付けも モチロン 手でやってます

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

手づくりにこだわって制作している

オリジナルの革靴や革小物…

 

そして、てづくりの靴教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

 

本日は教室のお話を…

 

 

デザインするところから始める

アトリエわっかの靴教室

 

型紙を作り、革を裁って、縫製を施した靴の甲革…

 

ここまでの作業は背の高い椅子での作業でしたが

ここからは背の高い椅子とはサヨナラして

基本的に背の低いローチェアでの作業がはじまります

 

 

靴の土台となる「中底」と呼ばれるパーツの加工を施してから

 

「つりこみ(ラスティング)」という工程にはいります

 

 

ほぼほぼ、

 

「ワニ」という名前のワニみたいな形のペンチ1つで

 

革をひっぱり

釘を打ちつけて

革をならしていきます…

 

靴作りには欠かせない道具の1つ「ワニ」

イロイロと使える便利な道具です

 

 

なんやかんやで、ぐるっと1周

釘で木型にアッパーを仮止めをしてから

糊でしっかり固定して

 

それから靴底となる革底を貼り合わせます

 

 

大きめに裁っておいた底革を貼りつけてから

革包丁1本で切り整えます

 

切り始めは大胆に…

 

それから徐々に慎重に、

シンチョ―に

 

アッパーに傷をつけないように

しんちょうに慎重に…

 

 

切り終わる頃には

足元には大なり小なり

切り落とした革底の端切れたち…

 

初めての作業でしたが丁寧に整いました

 

 

どこまで切るかは自由の革底…

 

いざ切り始めると案外「普通」ってどんなんだっけ

という感じでよくわからなくなっちゃいます

 

切り整えては

もうすこし…??

 

きり整えては

もう少し…?!

 

少しずつ整えて

やっとこさ切り終わりです

 

まだまだ続く靴作り

 

次は底縫い…

 

つづく

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

手づくりの靴教室 はじめての革靴… 完成しました

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

「 アトリエわっか 」

 

手づくりにこだわって

コツコツと制作している

革靴や革小物…

 

そして、手づくりの靴教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

本日は靴教室のお話を…

 

 

前回の教室の記事から少し間があいてしまいましたが

 

今回は完成編…

 

ご夫婦でアトリエわっかの靴教室に

通われ始めて1年と少し…

 

ボチボチと

焦らず慌てず作り進めていた

革靴もいよいよ完成です

 

 

仕上げの工程まで終わったら…

長い間入れっぱなしだった木型を抜きます

 

重みのある木型を抜くと

 

なんとも軽く感じる手製の革靴…

 

きっと作ったことのある人じゃないと解らない感覚かもしれません

 

だって、完成している靴を手にした人は

「ん、重い」って言う人がほとんどだから

 

想いのこもった手づくり靴

 

木型を抜いて、

中敷をいれて、靴紐を通すと…

 

いよいよ、いよいよ 完成です

 

 

共に はじめて作った手作りの革靴

 

なんとも良い雰囲気に仕上がりました

 

自分がはじめて作った時はどんなんだったかなぁー…

 

と、初心を思い出すきっかけにもなりました

 

 

なにはともあれ

 

ご夫婦 同じタイミングでの完成

おめでとうございました

 

自作の革靴を身に付けて

色んな場所へのお出かけを楽しんでください

 

リペアもしながら

長く永く履いてもらえたら嬉しいです

 

完成おめでとうございました!

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

手づくり靴教室 靴作りも終盤戦 仕上げの工程やってます

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

手づくりにこだわった

革靴や革小物の制作…

 

そして、手づくりの靴教室をおこなっている

 

小さなちいさなアトリエです

 

 

本日は靴教室のお話を…

 

 

ご夫婦で通われ始めた

アトリエわっかの靴教室

 

初めて出会ったのは

かれこれ1年前の夏…

 

それから焦らず慌てず

心地良いペースで

通われて1年が過ぎ…

 

ようやくカタチになりました

 

 

カカトにヒールを付けてから

数種類のヤスリを使ってキレイに整えていき

 

つま先側には滑り止めの前張りゴムを貼っては切り揃え

 

熱したコテを用いて

ソールの側面にロウを染み込ませていきます

 

 

イチョウ や ズボラ

 

ヘンテコな名前のコテを使っては

無色のロウに熱を入れていくと…

 

 

ナチュラルカラーだったソール部には

茶色く色がつきました

 

なんとも不思議

 

透明からの茶色の変化…

 

なんでだろ?

 

いつも思いますが、

なんかしらの化学反応かなー

と、ぼんやり思っています…

 

 

革靴作り…

 

ここまで進むと

完成は目の前です…

 

後は中敷きと靴紐と…

 

いよいよ完成夫婦靴

出来上がりが楽しみです

 

つづく

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

アトリエわっかの靴教室… 踵のヒールを積み上げるトコロ

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

ここでは手づくりにこだわった革靴と革小物の制作と

手づくりの靴教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

本日は靴教室のお話を…

 

 

1から10まですべての工程を「手」を使って作り進めている

靴教室の手づくりの革靴

 

型紙から作り始めた1足の靴はそろそろ終盤戦

 

底縫いの工程の次は

カカトにヒールを積み上げていきます

 

 

「積み上げる」という言葉の通り

 

一枚いちまい

革を貼っては切って、釘を打ち

 

一枚いちまい

重ねていきます

 

「ヒール」というものをベタっとくっつけるんじゃなくて

 

一枚いちまい

重ねていきます

 

 

手で切り整えれるところは

なるべくキレイに整えて…

 

最後にくっつけるのはトップリフトと呼ばれるヒール

 

今回使用したのはゴムと革で形成されている

トップリフトです

 

 

 

 

このトップリフト…

たくさん歩いても削れにくいようになっているので

これまでに積み上げてきた革に比べると

なんともカタくできています

 

なので切り整えるのは少し大変ですが

ここはグッと頑張って…

 

 

整いました

 

ヒールが積みあがると後は仕上げの工程です

 

ここまで進むと

完成がチラリちらりと見え隠れする

そろそろ履けそうでなんともソワソワしますが

焦りをググッと抑えつつ

 

もう少し もうすこし

 

最後まで頑張って作っていきましょう

 

 

つづく

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

ミシンのところ… ミシンの工程。 アトリエわっかの靴教室

兵庫県は明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

手づくりにこだわった革靴と革小物の制作と

自分の手で作っていく靴教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

本日は…

本日も…

 

前回の続きのお話を…

 

靴教室の続きの様子

裁断を経て、ミシン使う工程です

 

 

裁縫などが好きな方じゃないと

普段から触れることのない機械のひとつ

 

「ミシン」

 

一家に一台?

いやいや、持っていない方の方が多いんじゃないかと

男子のワタクシなんかは思ってしまいます

 

そんな触り慣れていない機械のミシンを使って縫製を施していきます

 

アトリエで使っているのは工業用のポストミシン

 

家庭用のものとは少し異なっているので

使い慣れないとなかなか難しい ミシンの工程です

 

 

ミシンの工程といっても

実際にミシンを踏んで縫製している時間よりも

 

糊をぬったり

テープを貼ったり

残った革を切り落としたり

 

と、「縫う」以外の作業の方が多かったりもします

 

 

トコトコトコ

 

ドドドドド

 

「あ」 という声も聞こえたような聞こえなかったような…

 

ミシンの音を鳴らしながら

少しずつすこしずつ

 

平面のパーツを縫い合わせていくと

徐々に立体の姿に変身していって…

 

 

靴っぽい姿になりました

 

きっとカバンや小物だったらここで完成ですが

靴作りはここからが本格的にスタートです

 

色んな工程を楽しみながら

コツコツ作っていきましょう

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

そとばね? うちばね? 型紙からはじまる アトリエわっかの靴教室

 兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

手づくりにこだわった革靴や革小物の制作と

手づくりで作りあげていく革靴の教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

本日は教室のお話を…

 

 

1からはじまり

10まで作っていく

アトリエわっかの靴教室

 

型紙から作り始めます

モノづくりをあまりされない方だったら

カ タ ガ ミ ?

 

っとなるかもしれませんが、

簡単に言うと

デザインをして設計図を作るところから始めます

 

 

 

ベースとなる木型に添うように

サイズごとにベースを作り

それからデザインを描いていく

 

初めて作る靴のオススメは紐の靴

カタチは内羽でも外羽でもどちらでもお好みで…

 

なんでもかんでも

どんな線でも良いという訳ではありませんが

ある程度自由にデザインしていきます

 

そして線を描き入れた半型を元にして

革を使う前に紙で靴を作ってみます

 

切り分けた紙の平面パーツを組み合わせると

 

「靴」の姿に…

 

ここまで作るのに数時間

まだまだ履けませんが、

とーっても達成感があります

 

そして、出来上がった型紙を

革に写して切り分けて…

 

 

革包丁を使って ひとつひとつ切り分けます

 

曲線が多い靴のパーツ

カーブを切るのは難しいですが

 

焦らず、慌てず、

落ち着いて…

 

 

切り分けたあとには漉き機をかけて

これから先は工業用ミシンを使います

 

ここから先はまた今度…

 

靴作りの始まりです

 

手づくりの革靴の教室 手縫いで本底を縫うトコロ… 手で縫うマッケイ製法

 

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

「アトリエわっか」

 

手づくりにこだわって作っている革靴と革小物…

そして、靴の教室もおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

庭先にある小さな小屋を改装した場所で

コツコツと作る手づくり靴

 

本日は靴の教室のお話です

 

 

縫製やつり込み、そして底付けといった

靴作りの工程を経て…

 

底に掘っていた溝を目印にして

打ち込み錐で本底にひとつひとつ穴を開けていきます

 

コンコン

コンコン

 

しっかり貫通するように

 

コンコン

 

コンコン

 

力を込めて

 

コンコンコンコン

 

ぐるーっと穴を開けたら

木型を一旦抜き取ります

 

と、いうことは

少し息抜きの中休み

まだ作り途中の靴ですが…

 

ここは一旦…

 

試し履き

 

なにもなかった状態から作り始めて…

なんやかんやと工程を経て

途中の試し履き…

 

勿論まだまだ完成ではありませんが

なんとも嬉しい瞬間です

 

自分が作った靴を履いている…

 

そんな喜びを味わいつつ

 

工程はまだまだ続きます

 

 

題名の通り今回は底を縫う工程

 

縫うにはやっぱり糸が必要です

 

ベースとなる糸は綿の糸

このままだと強度が弱いので

加工を施して強く切れにくい糸に変身させていきます

 

 

ゴシゴシゴシと

自家製のチャンを糸に塗り込んでひと汗かいたあとは

繊細な作業…

端っこを細ーく加工して針を取り付けて

 

一針一針縫っていきます

普通の手縫いとは少しやり方は違いますが

覚えてしまうと単純な縫い方です

 

でも油断すると絡まるかもしれないので

一針一針集中して

ギュっと しっかり締めていきます

 

 

縫いが終わった底面は…

 

チクチクチク…

と縫い目が並びます

 

マッケイ製法で作る手づくりの革靴

 

ここから先はいよいよ後半戦

 

靴作り…

まだまだ続きます

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

手づくり靴の教室 … 革の底をつけるトコロ

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

「アトリエわっか」

 

手づくりの靴や革小物の制作と

てづくりの靴の教室をおこなっている

小さなちいさな革工房です

 

本日は手づくりの靴教室の様子を…

 

 

いちから作りはじめた自作の革靴

 

デザインを自分で描き…

 

革を立体に縫製、

 

そして、つり込みという工程を経て…

 

上から見たら靴の顔になります(↑画像)

 

長く時間のかかる靴つくり

 

この次に行う大きな工程が

「底付け」という工程です

 

 

単純にペタっと付けれるわけではなく、

 

靴の裏面にシャンクを忍ばせたり …

 

なるべく平らになるように切り揃えたり

ヤスリをかけて荒らしたり …  と

 

イロイロと細かい調整を経て

 

ようやく  「ペタっ」と

 

底をはっていきます

 

 

一回り大きめに裁った革底を

靴がちゃんと収まるように

 

慎重に

 

しんちょうに…

 

 

ペタっと 手で付けてから

 

トントントン

 

トントントン と

 

しっかりポンポンで叩いてくっつけて

 

底が付いたら革包丁で整えていきます

 

どこまで切れば良いっていうような

細かいルールや規則みたいなものはなくて…

 

自分の好きなように

好みのカタチに切り整えていきます

 

 

コバを残し気味に…?

 

それともギリギリまで?

 

できるだけイメージ通りに切れるように

集中して切っていく…

 

ギリギリのトコロがこれまた難しいんですが…

できるとこまで切っていきます

 

 

そして、底が切り終わったら

 

次の工程の準備…

切り終わった革底に溝を掘っていきます

 

 

ぐるーーっと

 

掘られた溝…

 

ここから先はまた次回

 

手づくりの革靴作り

 

まだまだ続きます

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

手づくりで作る革の靴の教室… つりこみの工程の終わりの頃

兵庫県は神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

手づくりの革靴と革小物の制作と

てづくりの靴の教室をおこなっている

小さなちいさなアトリエです

 

ほんじつは靴の教室のお話を…

 

 

前回の教室のブログが約1月前になってしまいましたが…

 

「つりこみ」という工程の続きのお話です

 

木型という靴型に

アッパーという靴の顔を添わしていくという工程です

 

「ワニ」という名前の少し変わったカタチのペンチを使って

革を引っぱっては釘を打つ…

 

トントントンと

 

音を鳴らしながら…

 

その繰り返し

 

くりかえしで

 

少しずつ添わしていきます

 

当たり前なんですが

忘れがちなことがひとつ…

 

靴って両足あるってこと

 

片足ができたらもう片足

 

だから同じことを2回しないといけません

 

きっとこれも靴作りが難しいと言われるポイントの1つだと思います

 

でも片足を経て慣れた手だと

もう片足は早くできたりもします

 

だから面白い靴作り

自分の成長も感じながら作ることもできるかも?しれません

 

 

なんやかんやと

集中しながら

トントントンと

 

少し気を緩めて

話をしながら

トントントンと

 

釘を打ったり抜いたりして

 

時間が経つのも忘れた頃に

つり込みの工程も出来上がりました

 

 

少し日も傾いて…

西日に照らされた様子がなんとも良い雰囲気

 

まるで完成したかのような雰囲気も出てしまいましたが

まだまだ途中…

 

でも良い顔の2足になりそうです

 

自分で作る革靴作り

 

完成までは

まだまだ続きます