靴の教室…初めて自分の手で作った 1足の革靴 完成しました

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある小さなアトリエ

靴と小物と教室の革工房 「アトリエわっか」

 

アトリエとしてオリジナルの革靴や革小物の制作が中心ですが

コッソリと?靴の教室も行っています

 

デザインから始めて…

履ける革靴を作る。

 

 

言葉にするのは簡単ですが

一朝一夕ではなかなか作れるものではありません

 

コツコツとひとつひとつの工程を作り進めて

ようやく完成まで作りあげた生徒さんの1足の革靴

 

本日は教室で作り始めて完成したときの様子を…

 

たくさんある工程を経て(過去の記事にアップしています)

木型を入れたまま最後に行うのは

刻印の打ち込み

 

しなくても良い工程ですが

せっかくなのでこの完成した日の気持ちを革に刻むのも良いモノです

 

日付や名前など…

思い思いの文字や数字を打ち込んで…

 

制作しているときには

ずーっと入れっぱなしになっていた「木型」を

靴から抜き取ります

 

そして、きっと思います…

 

「あ、意外と軽い」

 

作る時は重い木型の入っている状態のものを

いつも持って作っているので、そのギャップでとても軽く感じます

 

 

木型のカタチに綺麗に形成された

まぁるい つま先をした 靴のフォルム

 

ここから中敷をいれて、靴紐を通すと

いよいよ完成です

 

 

最後の方の工程は少し駆け足になったところもありましたが

とても良い顔の靴になりました

 

初めて作ったとは思えないクォリティーの1足です

 

きっと言わなければ

手づくりの革靴とは思われないんじゃないかと思います

 

時間をかけて、自分の手だけで作った革靴

 

ひとつしかない自分だけの革靴

 

これからたくさん履いて皺を作りつつ

時には修理も施しながら

長くながく 大切に履いてもらえたら嬉しいです

 

 

完成おめでとうございました!

 

2足目のチャレンジもお待ちしてます

また靴と共に遊びにいらしてください

 

手づくり靴の教室… まもなく完成?!仕上げの工程

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある小さな革工房

 

「アトリエわっか」

 

手づくりにこだわった

革靴と革小物の制作と靴教室をおこなっている

小さなちいさな革工房です

 

本日は靴教室のお話を…

 

型紙から作り始めていた

生徒さんの手づくり靴も

そろそろ終盤戦…

 

 

すでに靴のカタチはできあがっているところから

ソールに滑り止めのゴムを貼り合わせて

そして、切り整えます

 

この工程はレザーソールのまま履くのであれば

別にとばしてもいい工程ですが

履き始める前に貼っておくと靴を傷めにくいし

なにより滑ってこけにくいので貼っておくのをオススメしています

 

そして…

ヒールからつま先にかけてヤスリがけ

ゴシゴシゴシゴシ磨いていきます

 

根気がいる工程ですが

ソール部分のレザーをギュっと引き締めるように

磨いていくと…

切りっぱなしだったソールの部分が

ツルツルになりました

 

行数でいうと数行ですが…

ここまで削るのはなかなか大変で、

普段あまり使うことのない親指が痛くなります…

 

例えるなら…

子供のころにしていたファミコンの連射のし過ぎたとき

のような感じです

 

親指が痛くなりつつも

まだ工程は続きます

製靴専用の道具のひとつ

「コテ」を熱して…

 

あらかじめ付けておいたロウを

ソールに染み込ませていきます

 

すると…

ナチュラルだったソールとヒールも

黒く染まり、更にツヤ感も出て…

 

引き締まった印象になりました

 

完成まではもう目の前…

 

気を抜かずにもう少し

頑張って作っていきましょう!

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

靴の教室… ヒールをいちまいずつ積み上げる

明石の片隅にある靴と小物と教室の革工房

アトリエわっか

 

この小さな工房では商品の制作だけじゃなく

手づくりでいちから作っていく

靴の教室も行っています

 

本日は制作も後半戦まで進んできた教室の様子

生徒さんの1足の靴の紹介です

 

これは靴の裏側…

前回の教室の記事ではこの靴底にチクチクチクと見える糸目

この「マッケイ」と呼ばれている底縫いの工程を紹介しました

 

手で縫いをかけた「マッケイ製法」を終えると

次に待っているのはカカトの部分

ヒールを付けていきます

 

 

糊を塗って…

一枚ずつ貼り合わせ

手包丁で切り整える

 

そして、釘を打ちこんでしっかり固定する

 

右足と左足

片足やってはもう片足

順番に順番に

 

1枚づつ積み上げて…

 

トップリフトには天革と呼ばれる

ゴムと革が合体しているものを今回は使用しました

 

ソールやヒールの積み上げで使っている革は

ベンズという、厚みもあり硬さもある丈夫な革です

慣れないと切りにくい革ですが

このトップリフトで使われているゴム…

更に硬いんです

 

消耗品である革靴のヒール

履いていくとどうしても擦り減っていく部分ですが

少しでも長持ちするように硬いゴムが使われています

 

なので切るのも一苦労です

力任せに切るもの1つの手ですが

コツを掴めば…あんまり力を入れなくても切れたりします

 

と言っても、こればっかりはやってみないと分からないかもしれません

 

そして…

切り終わった姿がコチラです…

 

手で整えられたヒール部分

後ろ姿はもう出来上がり?

 

そんな雰囲気もありますが

完成まではあともう少しです

 

ここまでカタチになると

早く履きたい気持ちを抑えつつ…

 

あともう一息

頑張って作っていきましょう

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

アトリエわっかの靴教室… 靴の底を手で縫う工程

神戸と姫路の真ん中あたり…

明石の片隅にある靴と小物と教室の革工房

「アトリエわっか」

 

本日は靴の教室の風景を…

 

手づくりで作り進めている1足の革靴

いろんな工程を経て靴のカタチになってきています

型紙から始めた靴作り

縫製、つり込み、底付け…

これらの工程が終わると見た目は「靴」になりました

 

この次にする工程は「底縫い」

革靴に詳しい方なら聞いたことはあるかもしれませんが

「マッケイ」という製法の縫い方をしていきます

 

一般的には機械のミシンでも縫える工程ですが

今回は手縫いで施していきます

分厚い革を縫う…

勿論硬くていきなりは縫えません

まずは穴をあけてから…

 

切り整えた革底に糸が通る溝を掘ってから

ポンポンと打ち込み錐で

トントン トントン

と一穴ひと穴開けていきます

穴が開けれたら…

 

縫う時に邪魔になってしまうので一旦木型を抜きます

 

 

上から見ると出来上がったよう…

 

そして…

 

 

試し履き…

 

まだまだ完成ではありませんが

ちょっと足をいれて一休み

 

良い雰囲気になりそうです

 

 

穴が開いたら、

次にするのは「糸作り」

本当に紡ぐところからではありませんが

ベースとなる綿糸を切れないように丈夫になるよう

そして針を付けれるように加工していきます

 

できあがった糸がこちら

この糸を使って一目一目縫っていきます

難しい縫い方をするわけではありませんが

平面の革を縫い合わせるのとは違って

靴の中を通して縫っていかないといけないので

糸目が見にくいので、油断をすると糸が絡まってしまいます

 

手が慣れてきても

気を緩めないように…

一目ひとめ

しっかりギュッと締めていき

少しトラブルもありつつも

グルっと縫い終わりました

 

とても時間がかかる工程ですが

自分の手で糸から作り

手縫いを施す

出来上がったときの愛着が更に増す工程です

 

ここからはヒールの積み上げ…

 

もう少しもう少し…

完成は近づいてきています

 

楽しみながら完成まで頑張って作っていきましょう

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

革靴をいちから作っている靴の教室 革底を付けていくと…

神戸と姫路の真ん中あたり …

明石の片隅にある靴と小物と教室の革工房

アトリエわっか

 

本日は靴教室のお話です

つり込みまで終わっていた制作途中の生徒さんの1足の革靴

 

この状態でもなんだか「靴」っぽいかもしれませんが…

やっぱり まだまだ途中です

 

ここから歩く為に必要な底を付けていきます

 

「革底を貼る」

 

言葉にするとたった5文字ですが

貼りつけるまでには色々とすることがあります

 

底面を平らに加工したり

ヤスリをかけたり

はたまた釘を打ちこんだり… と

 

細かい工程を経て

 

糊を使って革底を貼っていきます

少し大きめに裁った底用の革を

ペタっと貼り合わせてから

ポンポン(金槌)を使って

 

トントントントン!

トントン!

トントン!!

 

優しくも力強くも

トントン叩いてくっつけていきます

一回り大きめの底が付けられた姿…

 

このままでも履こうと思ったら履けないことはありませんが

歩きにくい靴になってしまうので

やっぱり切り整えていきます

 

基本的には革包丁1本で

手作業で切り整えていきます

どこまで切ったら良いっていう答えはありません

人それぞれ お好みの出幅で切っていってもらっています

 

もうちょっと

もうちょっと?

もういいかな?

いや、もうちょっと…

 

と色々完成をイメージしつつ

切っていくと…

底が付いて

そして余分な部分を切り落として

更に「靴」に近づいてきました

 

どんどん姿を変えながら完成へと

一歩いっぽ近づいてきた1足の手作り靴

 

でもまだ工程は続きます

 

完成まではもう少し??

出来上がりまで楽しみながら作っていきましょう!

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

手づくりでつくる革靴の教室… 甲革を木型に添わせていくと…

神戸と姫路の真ん中あたり

明石の片隅にある革工房

アトリエわっか

 

靴と小物と教室の手づくりの革工房です

 

少し間があいてしまいましたが…

本日は靴教室のお話です

前回の教室のBlogではアッパーの縫製まで終わっていた

生徒さんの靴の続きです…

 

木型に添わせた中底を切り揃えてから

 

 「つりこみ」

 

と呼ばれている工程が始まります

 

なんとも靴を作っている… と実感できる

靴作りの醍醐味とも言えるこの工程

革を引っぱったり、

釘を打ったりと1つで一石二鳥の使い方ができる

「ワニ」というペンチのような工具を使って

この つり込み という工程は進めていきます

 

釘で革を仮止めしながら…

 

左右に歪んでないかな? とか

しっかり弛みがなく木型に添っているかな? とか

 

気をつけることは言い出したらたくさんある工程ですが

 

トントン

トントン

 

進めていきます

少し休憩も挟みつつ

 

トントン

トントン

 

釘を打ったり 抜いたりと…

 

トントン、トントン

 

コツコツと進めていくと…

 

細身でまぁるい木型にピタっと添わされて…

立体に縫製されていたアッパーが

更に靴のフォルムに変化しました

 

この「つりこみ」が終わると

靴の完成イメージがググっと見えてきます

 

見るにもするにも

変化が楽しい「つりこみ」という工程

 

カタチは見えてもまだまだ靴作りは続きます…

 

まだまだ続く靴作り

楽しみながら作っていきましょう!

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

 

手づくり靴の教室 … ミシンを使って立体的に…

兵庫県は明石市の片隅にある アトリエわっか

靴と小物と教室の 小さな革工房です

 

本日は教室のお話

 

生徒さんが制作されている靴

型紙から始まった靴作りもいよいよ縫製の工程です

型紙通りにバラバラに切り分けたパーツを

縫い合わせて立体にしていきます

 

アトリエわっかの靴教室では

手縫いでもミシンでもどちらでも縫製してもらえますが

基本はミシンをお勧めしています

 

普段の生活では使用する機会のない工業用のミシン

 

家庭用ミシンよりも少し暴れん坊なミシンですが…

手縫いでするよりもやっぱり早いです

 

でもより柔らかい雰囲気にしたい時は

手縫いの方がカジュアルに仕上がります

ここの選択はお好みで選べます

どんな靴に仕上げたいのかイメージしつつ…

 

なにはともあれミシンを踏んでいきます

 

少し踏みすぎると歪んでしまう…

微調整がとても難しいミシン

 

時に手回しで …

ときに踏み込んで …

 

縫い合わせていきます

バラバラのパーツだった革が

徐々に立体的になっていく …

 

縫製はもちろん、縫うのにも時間はかかりますが

貼り合わせたり、縫う以外のことにも時間がかかったりもします

 

そしてコツコツと作業を進めていって …

気の抜けない緊張感の中 …

外羽の短靴が縫い終わりました

 

初めて作った靴のアッパー(甲革)

 

靴のような立体的になった姿を見ると

ホッ と笑顔になる瞬間です

 

でもまだまだ工程は続きます …

 

時間のかかる靴作り

きっと手間暇かけた分だけ完成の喜びも大きくなると思います

 

ひとつひとつを楽しみながら

作っていきましょうー

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

アトリエわっかの靴教室 … 紙から革へ・・・革を切る編

兵庫県は明石市の片隅にある小さな革工房   「アトリエわっか」

手づくりの革靴と革小物を中心に制作・販売をおこなっています

そして、それと並行して行っているのが靴教室です

 

いちからコツコツと作っていく手づくりの靴教室

 

デザインをするところから始まった靴作り

最初は紙を触るところからはじまり

靴の設計図である型紙と呼ばれる、革に写すための「型」を制作します

 

地味な作業ですが、靴の肝になる大事な工程

この型紙の工程を経て…

 

ここからは終始、革とふれあいます

 

 

靴作りに使う革はアトリエにある20種類ほどの革の中から

お好きな革を選んでもらえます(お好きな革の持ち込みもOKです)

 

使用する革を選んだら

自分好みに作った型紙を使って、革に写していきます

 

右足・左足…

微妙にちがう写し方

間違えないように慎重に、大胆に…?!

 

写し終えたそれらは ちいさな地図のようなカタチになりました

 

そして、革包丁を使って線の通りに切り取っていきます

 

普段の生活では きっと使わない革包丁

 

ギュっと握って持っていると手が痛くなったりもしますが

そこは 我慢 ガマン …

 

集中して切っていると痛くなかったりもします

 

急カーブのラインを切るのが難しかったり

革の種類によってはカタかったり柔らかかったりと

 

色々と癖のある天然の革を慣れない革包丁を使い

焦らず慌てず切り進めていくと…

 

 

型紙通りにパーツごとにバラバラに切り取れました

 

この次は革漉きを施して

ミシンを使って縫製を行います…

 

まだまだ続く手づくりの靴作り

型紙の頃とは違って

「作っている」

という感じが強くなるここからの工程

 

徐々に立体に…

そして靴になっていく様子を

楽しみながら作っていきましょう

 

 

アトリエわっかの靴教室

随時生徒さま募集しています

手づくり・モノづくりがお好きな方は是非体験してみてください

何か気になることがありましたらお気軽にお問合せください→contact

いちからつくる アトリエわっかの手づくり靴教室

兵庫県は明石市の片隅にある アトリエわっか

手づくりの 靴と小物と教室の革工房です

 

アトリエでは商品の制作や販売、そして 靴の教室 も行っています

 

今日は靴教室の様子をご紹介します

 

小さなちいさな工房で行っている靴教室

お世辞でも広くはない空間ですので 1人~3人までと 少人数で開講しています

 

手づくりで作るアトリエわっかの靴教室

 

まずはじめにする工程は

     ” 型紙 “

と呼ばれる設計図を作るところから始まります

自分が使う木型から型を取り

紙に写して、

切り取って…

と細かい作業を繰り返して

ベースとなる型を作ります

そして、木型に直接絵を描いてみます

 

どんな靴を作ろうかな?!

 

頭の中で靴のイメージはあっても

絵にするのって意外と難しかったりします

作りたいデザインの靴のイメージを固めつつ

絵を描きいれて…

そこから型を作っていきます

慣れない革包丁を使いながら …

紙を切っていきます

紙を切るくらいならカッターナイフでももちろんいいのですが、

多くの工程からなる靴作りは革包丁なしには進めていくのは難しいんです

分厚い革も切ったり、細かいところも切ったり… と

革を切る前に包丁の感覚を掴んでもらいたいという想いもあり

教室では はじめから革包丁を使ってもらっています

そして 最初にカタチにするのは

薄紙を使ったアッパーです

 

型紙のデザインやバランスの確認の為に

革を使う前にまずは紙を使って靴のカタチに組み立ててみます

 

パーツごとに切り分けられたものを

ペタペタ と紙を貼り合わせて

カタチにしたものが こちらです

 

紙でできた仮のアッパー

 

もちろん まだまだ完成ではありませんが、

 

平面のパーツを組み合わせて靴のカタチになる…

なんだか不思議な感覚と

自分で書いた線が 靴の姿に変わるという

なんだかワクワクする気分になります

 

イメージ通りできたかな?

ここから革に写す為に型紙を作っていきます

 

まだまだ始まったばかりの靴作り…

 

完成までは山あり谷ありだと思いますが

なによりも楽しみながら作っていけたらと思います

 

コツコツとがんばっていきましょう!